ドラマ「半沢直樹2」を見逃し配信でフル動画を無料視聴する方法!コロナ延期と開始日情報も!1話〜最終話のネタバレ・感想

大ヒットドラマの続編「半沢直樹2」は2020年4月19日から放送開始予定でしたが

コロナウイルスの影響により延期され、ファンをやきもきさせましたが

2020年7月19日より無事放送開始となりました!

 

半沢直樹が出向し東京セントラル証券に舞台を移しますが、ここでもトラブルが続発します。

前作に引き続き「半沢直樹2」でも伝説を残し、”やられたらやり返す”半沢直樹が見逃せません。

 

そんな半沢直樹2を無料でご視聴いただける方法をご紹介いたします!

合わせてキャスト、ネタバレとともに詳しくまとめてみました!

※ネタバレは放送開始後に毎週更新!お楽しみに!

 

「半沢直樹2」を見逃し配信で無料視聴する方法

「半沢直樹2」の動画配信状況

動画配信サービス名配信可否無料期間備考
U-NEXT×31日間初回登録時600pt
FODプレミアム×2週間フジ系番組に強い
Hulu×14日間日テレ系番組に強い
Paravi2週間TBS,テレ東番組に強い
Netflix×なしNetflixオリジナル番組あり
Amazon プライム×30日間Amazon プライム独占配信あり
TSUTAYA DISCAS×30日間ジブリ系を見るならTSUTAYA一択
※上記配信状況は日々変わりますので、最新情報を確認する場合は各動画配信サービスをご確認ください。
半沢直樹2はTBSの番組なのですが、
現時点ではTBS系に強いParaviも含め半沢直樹2の配信予定のある配信サービスは残念ながらないようです。
状況が変化し次第、お知らせいたします!

Paraviなら前作「半沢直樹」を全話無料で視聴できます!

「半沢直樹2」は残念ながら現時点では配信予定がないのですが、

Paraviでは前作「半沢直樹」が急遽配信開始となりました!

 

しかも、2週間の無料体験があるのでこれに登録すれば全話を無料でイッキ見することができます!

さらに、Paraviでしか観ることのできないスピンオフ狙われた半沢直樹のパスワード」も配信されています!

この機会に復習してみるのはいかがでしょうか?

本日から10月5日まで無料!
\「半沢直樹」を見るならParaviがおすすめ!/

ParaviはTBS・テレビ東京のドラマが見放題!

さらに、半沢直樹2のメインキャストである方の作品がParaviでは多数配信されています。

Paraviの「堺雅人」出演作品一覧

Paraviで視聴できる堺雅人さんの出演作品はこちら

  • ハチミツとクローバー
  • DESTINY 鎌倉ものがたり
  • プーと大人になった僕(吹替)

「DESTINY 鎌倉ものがたり」では、不慮の事故で妻を亡くし、生き返らせようと黄泉の国へ行くミステリー作家を演じています。

ファンタジー要素が強いですがコミカルな笑いもあり、温かい夫婦愛が描かれた作品です。

他にも演技派堺雅人さんの半沢直樹とは違った一面が見れる作品がParaviにて配信されています。

 

Paraviの「上戸彩」出演作品一覧

Paraviで視聴できる上戸彩さんの出演作品はこちら

  • 高校教師
  • さとうきび畑の唄
  • 涙そうそう~この愛に生きて~
  • マレフィセント2(吹替)
  • ミッドナイト・ジャーナル―消えた誘拐犯を終え 七年目の真実―
  • 渡る世間は鬼ばかり(第6シリーズ)

教師と生徒の禁断の愛を描いた作品の「高校教師」では、ヒロインの生徒役を上戸彩さんが演じました。

今でもキレイな上戸彩さんですが、「高校教師」では幼さの残る上戸彩さんが見れます。

「半沢直樹2」関連作品をParaviで視聴するメリット

半沢直樹2の主要キャストの出演ドラマが多数ご視聴いただけるParaviの特徴についてまとめてみました。

Paravi まとめ

  • 2週間無料体験キャンペーン中
  • TBS、テレ東の番組が充実
  • 毎月500円分のParaviチケットがもらえる
  • Paraviオリジナル番組が面白い

 

ぜひParaviの2週間無料体験で視聴してみてはいかがでしょうか。

本日から10月5日まで無料!
\「半沢直樹2出演者作品」を見るならParaviがおすすめ!/

「半沢直樹2」の作品情報

ドラマ名半沢直樹2
ジャンル企業エンターテインメント
出演者半沢 直樹: 堺雅人
半沢 花:上戸 彩
渡真 利忍:及川光博
黒崎 駿一: 片岡愛之助
森山 雅弘:賀来賢人
浜村 瞳:今田美桜
諸田 祥一:池田成志
広重 多加夫:山崎銀之丞
玉置 克夫:今井朋彦
尾西 克彦:粟島瑞丸
平山 一正:土田英生
野崎 三雄:小久保寿人
清田 正伸:加藤 啓
苅田 光一:丸 一太
郷田 行成:戸次重幸
岡 光秀:益岡 徹
加納 一成:井上芳雄
平山 美幸:南野陽子
ナレーション:山根基世
乃原 正太:筒井道隆
白井 亜希子:江口のりこ
箕部 啓治:柄本 明
三笠 洋一郎:古田新太
女将・智美:井川 遥
瀬名 洋介:尾上松也
伊佐山 泰二:市川猿之助
中野渡 謙:北大路欣也(特別出演)
大和田 暁:香川照之
プロデューサー伊與田英徳
川嶋龍太郎
青山貴洋
原作池井戸潤
脚本丑尾健太郎
放送期間2020年1月19日~
放送時間毎週日曜夜9:00
音楽未定

予告動画

 エンディングテーマ:未定

現段階では、エンディングテーマの発表はありません。

前作同様に主題歌や挿入歌などはない可能性もあります。

情報が入り次第、追記致します。

「半沢直樹2」のキャスト情報

半沢直樹役:堺雅人

 

この投稿をInstagramで見る

 

2020年4月、日曜劇場「半沢直樹」 東京セントラル証券・営業企画部長 半沢直樹/堺雅人 #半沢直樹 #tbs #堺雅人

半沢直樹(@hanzawa_naoki_tbs)がシェアした投稿 –

東京セントラル証券の営業企画部長。

「やられたらやり返す」がモットーの、曲がったことが大嫌いな性格。

前作では、東京中央銀行で大和田暁常務(香川照之)による不正を暴いた。

半沢花役:上戸彩

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hana Hanzawa for the first time in 7 years ♡ #7年ぶりの花 #半沢直樹 #半沢花 #hanzawanaoki #hanahanzawa #hanzawahana #ayaueto #uetoaya #上戸彩

ueto🦋pics(@_uetoaya)がシェアした投稿 –


半沢直樹を献身的に支える妻。

いつも支えてくれる花の存在は、直樹にとって唯一かなわない存在でもある。

渡真利忍役:及川光博

東京中央銀行時代の半沢直樹の同僚。

一見クールだが情熱的な一面も持ち、人脈や情報網を駆使して半沢直樹のサポートをする。

黒崎駿一役:片岡愛之助

 

この投稿をInstagramで見る

 

こんにちは🌞愛之助です! 皆さん、今朝のNHK朝ドラ「まんぷく」はご覧になっていただけましたでしょうか✋ 昭和初期に、こんな小洒落た服を着こなす男が私のお役、加地谷圭介でございます🙇‍♂️ この写真は撮影現場にて、僕の携帯で「まんぷく」のスタッフさんに撮っていただきました❗️青空の下、「まんぷく」らしい明るい雰囲気の出たお気に入りの一枚です。 これから色々なことが起こりますから、毎日欠かさずご覧になっていただけたら嬉しいです👍✨ ご期待下さい👋 @nhk_mampuku #愛之助 #ラブリン #歌舞伎 #kabuki #朝ドラ #まんぷく

片岡愛之助(@ainosuke_kataoka)がシェアした投稿 –

金融庁の検査局主任検査官。

切れ者でエリートだが、感情の起伏が激しく時々オネエ言葉になる。

半沢直樹の前に常に立ちはだかる執念深い男。

大和田暁役:香川照之

東京中央銀行の取締役。

前作で不正が露見したが、中野渡(北大路欣也)の策略によって降格は最小限のものに。

これにより中野渡に逆らえなくなった。

 

「半沢直樹2」1話ネタバレあらすじ

「半沢直樹2」【1話ネタバレ】

ドラマ「半沢直樹2」は、高層ビルにあるIT企業「電脳雑技集団」の豪奢な天空の応接室でのシーンから始まりました。

東京セントラル証券営業企画部長の半沢直樹(堺雅人)、次長の諸田祥一(池田成志)、調査役の森山雅弘(賀来賢人)が、「電脳雑技集団」の社屋を来訪していたのです。

そこで「電脳雑技集団」の社長・平山一正(土田英生)と副社長・平山美幸(南野陽子)が、「東京スパイラル」買収に関し東京セントラル証券に「アドバイザーになって欲しい」と提案してきました。

躍進著しいライバルIT企業の「東京スパイラル」を買収したいという話は、業績が苦しい東京セントラル証券にとっては願っても無い大型案件です。

ただし、半沢は平山社長からのこの提案に一抹の不安を抱(いだ)きます。

「1500億円もの資金を要するこの買収、電脳雑技集団に十分な資力とメリットはあるのだろうか?」

 

それに「電脳雑技集団」は森山が営業を担当する顧客ですが、これといった大きな取引を獲得したことが無い取引先です。

平山社長は何故、東京セントラル証券を指名してきたのだろうか?

 

半沢は「電脳雑技集団」の財務内容の十分な検討が必要だと慎重な考えです。

しかし、社内にその提案を持ち帰ってみると東京セントラル証券社長の岡光秀(益岡徹)は、半沢の懸念を否定し、「すぐにこの案件を進めろ!」と半沢に命令します。

 

この命に従い早速、半沢は買収プロジェクトチームを発足させます。

しかし、営業担当の森山は諸田次長との確執からチームメンバーから外されてしまい提案書をまとめる実務リーダーは三木重行(角田晃広)が担当することに決まります。

 

東京セントラル証券は業績が上がらない東京中央銀行のお荷物子会社。

その営業企画部長に出向した半沢は、社内に親会社の東京中央銀行からの出向組に対する証券プロパー組の根強い反感があることを感じています。

「出向組の社員は銀行への復帰のみを考えて仕事をしている」と彼らは言うのです。

 

「電脳雑技集団」から持ち込まれた大型買収ですが、実務リーダーに指名された三木には顧客を納得させるほどの企画案を作り上げる実力などありませんでした。

プロジェクトチームがようやく買収案をまとめた提案書を作り上げたのは平山社長とアドバイザー契約を交わしてから2週間後。

 

しかも、三木は「電脳雑技集団」側にそれまで何の連絡も入れていません。

再び「電脳雑技集団」の入るビルへ半沢、諸田、三木の3人が訪れて提案書を提示した時には既に平山社長は待ちきれず翻意し、提案書を見ることもなくアドバイザー契約の反故を言い出して来ました。

 

 

 

入れ違いに「電脳雑技集団」社屋に入っていったのは、東京中央銀行営業部長・伊佐山泰二(市川猿之助)と次長・野崎三雄(小久保寿人)でした。

 

その直後に、東京中央銀行が「電脳雑技集団」とアドバイザー契約を結び、東京スパイラル株の公開買い付けを平山社長は宣言しました。

伊佐山の提案により東京スパイラル株の約30%を「電脳雑技集団」は取得済みだったのです。

実は、伊佐山と三笠副頭取(古田新太)の画策によって東京スパイラル社長・瀬名洋介(尾上松也)の創業時からのパートナーであった加納(井上芳雄)と清田(加藤啓)の2人の役員が持ち株を電脳雑技集団に売り渡していたからです。

 

電脳の平山社長の株式公開買い付けを発表する記者会見をテレビで見た半沢は、買収情報を東京中央銀行に漏らした犯人が自分の部下の中に必ず誰かいると直感します。

 

そこで女子社員の浜村瞳(今田美桜)に命じ、営業企画部員全員のメールを点検するとのニセ連絡をさせたのです。

それに反応したのが三木でした。

夜中に事務室に入り込み、諸田が伊佐山に漏らした買収情報のメールを諸田の命令で削除しようとパソコンに向かいます。

そのメールがパソコン画面に表示された時、後ろに立っていたのは半沢と森山でした。

三木は半沢に詰問されて、諸田が伊佐山に漏らした犯人である真実を白状します。

 

諸田と三木は東京セントラル証券を裏切り、持ち込まれた東京スパイラル買収案件を東京中央銀行に漏らし、その情報を手土産に銀行への復帰を画策していたのです。

 

更に半沢は、三木から諸田と伊佐山が密会する店を聞き出し、2人を追及しますが伊佐山は事実を否定します。

伊佐山はすでに受け取ったメールの記録は銀行のサーバーから削除させていたのです、

「証拠はあるのか!」

開き直る伊佐山に、半沢は啖呵(タンカ)を切ります。

やられたらやり返す!倍返しだ!」

 

「半沢直樹2」2話ネタバレあらすじ

「半沢直樹2」【2話ネタバレ】

部下の諸田(池田成志)と三木(角田晃弘)に裏切られ、企業買収の大型案件を東京中央銀行の伊佐山部長(市川猿之助)に奪われた半沢直樹(堺雅人)は、銀行の汚いやり方に反発します。

そして、森山(賀来賢人)と共に買収企画案を練り直し、再度、電脳雑技集団の社長・平山(土田英生)に会って説明しようとしますが、平山はもう聞く耳をもちません。

企画書を見ることなく突き返したのです。

 

一方、東京中央銀行による買収計画は、着々と進み株式公開買い付け分も含め、東京スパイラルの発行株式数の40%を既に買い占めていました。

そして伊佐山証券営業部長は次なる策を密かに進めていたのです。

 

 

反撃を狙う半沢は部下の森山が東京スパイラルの瀬名社長(尾上松也)とは中学生時代の友人だったことを知り、森山に連絡を取らせます。

 

ちょうどその頃、東京スパイラル瀬名社長のもとに取引のある太洋証券の担当者広重(山崎銀之丞)が、第三者割当増資の買収対抗策を提案していたのです。

大量の増資を行えば、電脳雑技集団の持ち株比率が下がり、買収は困難になる。

という提案です。

この増資には1000億円もの資金を要しますが、家電大手の「フォックス」の郷田社長(戸次重幸)がその増資に応じる用意があるといいます。

買収を阻止するためのホワイトナイトになると名乗りを上げたと云うのです

 

 

瀬名社長は、藁(わら)にもすがる思いでその話を進めたいと考えたのですが、一抹の不安も同時に感じて旧友の東京セントラル証券の森山と半沢にセカンドオピニオンを依頼ししました。

 

瀬名社長が郷田と広重に会って説明を聞く機会に、半沢と森山も同席し、増資に必要な資金の手当てについて聞くと、すでに目処はついていると郷田は答えたのです。

 

半沢は、最近「フォックス」の業績が振るわず、株価が大きく下がってきていることを知っていたため、そんな大きな資金を調達できる先はあるのかと疑問に思います。

 

 

そこで半沢は親友で銀行同期の渡真利(及川光博)に情報網を駆使して「フォックス」の資金源を調べ上げて欲しいと頼みます。

銀行の顧客情報漏えいにも当たるので、最初は躊躇した渡真利でしたが、瀬名社長が郷田との契約書にサインをする直前に、半沢に連絡が入ります。

 

「フォックスは身売り話が出るほど経営難に陥っているにも関わらず、買収を仕掛けてきている電脳雑技集団側のアドバイザーである東京中央銀行で1000億円のフォックスに対する融資稟議が上がっている」

と云うものでした。

 

 

これは「フォックス」の郷田社長をホワイトナイトと見せかけた騙まし討ちに違いないと半沢は判断しました。

すぐに、東京スパイラルのオフィスに向かい、瀬名社長に契約書への署名を迫る広重を証拠の書類と写真を示して追及し、白状させたのです。

そして、その筋書きを考えたのが伊佐山部長だということも吐かせます。

 

その上何と!その場で半沢は買収するはずだった東京スパイラルの瀬名社長に電脳雑技集団による東京スパイラル買収を阻止するアドバイザーになることを提案したのです。

 

そして対抗処置として、「フォックス」を逆買収するという奇策を瀬名社長に提案します。

 

「半沢直樹2」3話ネタバレあらすじ

「半沢直樹2」【3話ネタバレ】

2話で半沢(堺雅人)は、伊佐山(市川猿之助)のフォックスをホワイトナイトに見せかけた汚い買収戦略から東京スパイラルの瀬名社長(尾上松也)を守りました。

その結果、東京セントラル証券は瀬名社長と買収阻止を目的とするアドバイザー契約を交わしたのです。

 

その頃、フォックスの業績不振や投資失敗などの噂が拡がり始めていて、株価は急激に下落していました。

さっそく半沢は、森山(賀来賢人)を使ってフォックスに関する詳しい情報を集めさせます。

 

その結果、森山はフォックスの米国通販子会社・コペルニクスに注目したのです。

コペルニクスは、規模は極めて小さいが米国で急成長を始めている通販会社です。

さらに森山は米国最大手IT企業・マイクロデバイス社もコペルニクスへの出資を検討しているという情報も入手していました。

そして、半沢と森山の立てた作戦が、フォックス逆買収のシナリオだったのです。

 

森山の戦略は、具体的でした。

東京スパイラルの米国検索サイトとコペルニクスを連動させて、米国最大の通販サイトを構築する。

半沢は、森山の話を聴くとすぐに動き出します。

まず、東京スパイラルの瀬名社長に会って、フォックス逆買収を提案したのです。

 

初めは難色を示した瀬名でしたが、フォックスの株価が急落していることを知って「これなら買える」と同意します。

森山と瀬名社長を伴い、半沢は電撃的にフォックスの郷田(戸次重幸)に面会し、東京スパイラルによるフォックス買収に役員会で賛成決議をするように迫ったのです。

 

一度は電脳雑技集団の平山社長(土田英生)からの支援の約束があると言って半沢の申し出を断った郷田でしたが、平山からはその約束は反故にすると言い渡されます。

フォックスをホワイトナイトに仕立てる作戦が失敗したことで、平山にとって郷田の利用価値はもう無かったのでした。

結局、窮地に立たされた郷田社長は、半沢の提案を受け入れざる得なくなったのです。

 

ところが、事態は突然急変します。

証券等監視委員会が東京セントラル証券へ監査に入ったのです。

統括官としてやってきたのはなんとまた黒崎駿一(片岡愛之助)でした。

黒崎の狙いは半沢たちが進めている東京スパイラルによるフォックス逆買収計画と思われました。

 

黒崎は、東京セントラル証券営業部の全ての書類を集めて検査をはじめます。

そしてとうとう半沢のパソコンからその半沢がクラウド上に隠した証拠を見つけ出します。

そして、証拠の文書ファイルを広げて見ようとした瞬間、そのファイルは消去されました。

実は、東京スパイラルの瀬名社長に指示された部下の高坂(吉沢亮)が遠隔操作で証拠となる文書ファイルを消去したのです。

 

しかし黒崎は諦めません。

岡社長(増岡徹)の部屋からシュレッダーにかけられたフォックス逆買収の計画書が見つかってしまいます。

まもなく黒崎の部下がその文書を復元。

半沢がフォックスの財務内容を意図的に情報流出させて、株価を不正に下げていたことを示す証拠が出てきてしまいました。

万事窮すかと思われたその時、監査が行われている東京セントラル証券の事務室に現われたのはフォックスの社長・郷田その人でした。

黒崎に向かって、

「フォックスの財務内容を半沢さんに渡したのは私自身です。その情報を半沢さんがどう使おうと私は何も問題にはしません。」

と言い切ったのです。

すべては森山が郷田を説得し、そう言わせたのでした。

 

黒崎はその時、「じゃ仕方ない」と意外な程あっさりと引き上げます。

 

直後、東京スパイラルの瀬名社長とフォックスの郷田社長は共同で記者会見を開催します。

そこで発表された内容は、

・ 東京スパイラルによるフォックスの買収。

・ 東京スパイラルの検索エンジンを駆使してフォックスの米国通販子会社・コペルニクスをAmazonに並ぶ巨大通販企業にするという構想でした。

そして、この記者会見のクライマックスは、その事業に3億ドルもの資金を出資すると言うマイクロデバイス社のCEO・ジョン・ハワードの登場でした。

 

この記者会見の直後から東京スパイラル株は急騰を始めます。

これこそが半沢の狙っていた電脳雑技集団による東京スパイラルの買収阻止の秘策だったのです。

高値となった東京スパイラル株を入手しようとすれば、電脳雑技集団は更に大きな資金を必要とし、東京中央銀行に融資の増額を求めてくる。

半沢はそう読んでいたのです。

 

3万1千円台だった東京スパイラルの株価はまたたく間に3万6千円台にまで上がり、電脳が東京スパイラルを買収するには500億円もの追加融資を東京中央銀行は電脳にする必要があります。

三笠副頭取は、東京中央銀行のメンツを掛けて電脳による東京スパイラル買収を成功させるべく、大和田(香川照之)にも常務取締役の席を用意すると言って追加融資を役員会で承認させようとしていました。

ところが、実はこの展開は、大和田と伊佐山が大和田復活を目論んで考えたシナリオだったのです。

 

一方、半沢は黒崎が意外と思えるほどあっさり引き返していったことを疑問に思いはじめます。

黒崎の狙いは別にあったのではないか?

そう考えた半沢は、黒崎が監査のために集めた書類ファイルを点検し始めます。

 

そして、半沢の部下・浜村(今田美桜)が、黒崎がずっと大切そうに抱えていたある白い表紙のファイルを見つけます。

その書類ファイルには、電脳雑技集団の子会社・電脳電設が買収したゼネラル電設という会社に関する情報が書かれていたのです。

この時はまだこの情報によって、東京中央銀行の電脳雑技集団への巨額追加融資を止めさせることになるとは半沢自身も知りませんでした。

「半沢直樹2」4話ネタバレあらすじ

「半沢直樹2」【4話ネタバレ】

電脳雑技集団による東京スパイラル買収阻止のために、半沢(堺雅人)は電脳の公表されている決算内容を克明に検討します。

すると、子会社の電脳電設が300百億もの資金を使ってゼネラル電設から営業譲渡を受けていたことが判りました。

ゼネラル電設の資産価値はどう見積もっても100億円。

過大な200億円は何のためだったのか?

 

電脳の財務担当役員・玉置克夫(今井朋彦)からゼネラル電設からの営業譲渡のについて、詳しい話が聞きたくて、半沢直樹は約束した智美(井川遥)の店で玉置が来るのを待っていました。

そこにやってきたのは玉置ではなく、電脳の社長・平山一正(土田英生)と副社長の美幸(南野陽子)でした。

ここで、半沢は直接一正と美幸にゼネラル電設からの営業譲渡のからくりを説明するように求めますが、答えどころか、半沢に対する罵倒しか返ってきません。

それからは、玉置克夫とは連絡が取れなくなってしまい、行方も判りません。

 

そこで、半沢は意を決して静岡県富士宮市にある今は電脳電設となったかつてのゼネラル電設に玉置の父・伸介を訪ねます。

元ゼネラル電設の社長の父・玉置伸介(高橋長英)は工場の隅でコイルを巻く作業に没頭していました。

 

その緻密な作業を見た半沢は技術者の懐に飛び込んで、電脳がゼネラル電設の特許権を目的とした営業譲渡だったことを聞き出します。

その特許権とはスイッチング電源。

次世代の未来社会を築く革新的技術だったのです。

 

しかし、その特許権は未だ使用されず製品化されていません。

玉置伸介社長は電脳が製品化するという約束があったからこそ営業譲渡に応じていたのです。

 

では、電脳のゼネラル電設からの営業譲渡の真の目的は何だったのか?

その答えは、父とともにその工場に身を潜めていた玉置克夫から示されます。

電脳の裏帳簿の写しです。

 

そこには、電脳がゼネラル電設の親会社ゼネラル産業に架空の売上げを計上し、営業譲渡の代金として余分に払った200億円を回収していた事実が記載されていました。

つまり、電脳は粉飾経理により決算を赤字から黒字にすりかえるだけのためにゼネラル電設を利用していたのです。

 

半沢はここで解明できた事実をどうやって東京中央銀行の役員に伝え、電脳への追加融資を止めさせるかを考えました。

やはり、あの人を使うしかない。

半沢は銀行本部ビルの地下駐車場で大和田(香川照之)を待ちます。

車に乗り込もうとする大和田取締役に協力を依頼したのです。

「死んでもイヤだね!」

無碍(むげ)にも大声で半沢の頼みを断りましたが、このとき伊佐山の裏切りにあっていた大和田。

一度その場を去った車が戻ってきます。

「一度あんたの掴んだ情報を聞いてみようじゃないか」

 

半沢は、2つの条件を大和田に示しました。

 

 

 

そして翌日の夕刻、臨時取締役会が急遽開催されたのでした。

三笠副社長(古田新太)よる「電脳雑技集団への追加融資の提案説明」の後に、質問に立った大和田取締役が反対意見を述べ、その補足説明に会議室に入ってきた1人の人物がいたのです。

東京セントラル証券営業企画部長の半沢直樹でした。

中野渡頭取(北大路欣也)は半沢に発言する許可を与えます。

 

半沢は説明を始めます。

「電脳雑技集団に対するこの屑のような与信稟議には重大な見落としがあります。

2年前に電脳雑技集団が設立した子会社電脳電設が、ゼネラル電設という会社を、評価額を200億円も上回る価格で買収しています。

そして、それまで取引が無かった相手親会社のゼネラル産業に対し200億円も売上げとして決算書に計上されていました。

明らかな粉飾決算です」

ここで半沢は電脳雑技集団の元財務担当役員・玉置克夫から渡された電脳の裏帳簿のコピーをこの場で中野渡頭取に渡します。

 

電脳雑技集団の東京スパイラル買収は、自社の勢いが現在でも続いているように見せかける手段として、そして粉飾決算が見抜かれぬようにするための企みでもあったのです。

 

半沢はなおも続けます。

「その電脳雑技集団の企てによって東京中央銀行は東京スパイラル買収のために既に1500億円の融資を行い、更に追加で500億あわせて2000億円の与信をしようとしているのです。

これを阻止することは東京中央銀行の利益になりませんか?」

 

半沢の訴えは終わりません。

その電脳の企てがすべて三笠副頭取のアドバイスによってなされていたことを示す音声情報を役員全員に聞かせたのです。

それは、電脳の平山美幸副社長の声でした。

 

 

 

この臨時取締役会でもちろん電脳への追加融資は中止となったのは言うまでもありません。

すでに融資が実行された1500億円の回収を中野渡頭取は、三笠副頭取、伊佐山(市川猿之助)、諸田(池田成志)を電脳へ出向させて図ります。

 

そして、懸案だった帝国航空の再建問題を半沢に担当させるために、半沢を東京中央銀行営業部に呼び戻したのです。

「東京中央銀行には帝国航空に対し700億円もの不良債権がある」

 

半沢が銀行に復帰し、すぐ帝国航空の役員と面談し再建案の作成に着手し始めました。

ちょうどその頃、内閣改造によって国土交通大臣に抜擢された白井大臣(江口のりこ)が記者会見で「帝国航空再生タスクフォースを発足し銀行債権の7割カットの方針を打ち出したのです」

 

 

「半沢直樹2」5話ネタバレあらすじ

「半沢直樹2」【5話ネタバレ】

頭取から東京中央銀行が持つ帝国航空への700億円の債権確保を任された半沢(堺雅人)が、帝国航空に乗り込み財務内容が最悪の状態なのに経営体質を改善出来ずリストラも甘いと役員に指摘します。

しかし東京中央銀行からの出向者で帝国航空の財務担当役員・永田宏(山西淳)は半沢が厳しい再建案を計画していることに強く反対します。

それに対し半沢は「政府の進める帝国航空タスクフォース案だと真っ先にあなた方現経営陣がクビになる」と脅したのです。

すると渋っていた神山社長(木場勝巳)は、「半沢さん!再建案の作成お願いします」と態度を変えてきました。

その場では、永田も経理担当の山久(石黒賢)も神山社長に同調せざるを得ません。

 

半沢の再建案作成はここから始まります。

まず、半沢は帝国航空の体質そのもののどこに問題があるのかを社内の現場を歩いて確かめようとします。

そして、

・ 帝国航空の社員には高いプライドがあって誇りをもってそれぞれの仕事に努めている。

・ しかし、そのプライドを尊重する社風が“両刃の剣“となって、縦割り組織を作り出し、他部署の仕事には手出しをしないという柔軟さに欠ける体質を作り出している。

と指摘。

 

社内でグレートパイロットと呼ばれ尊敬を集める神谷機長(木場勝己)に対してもズケズケと本心で苦言を呈したのです。

ハラハラ見守る山久。

しかし、自分の会社の体質と置かれている状況をよく知っている神谷は半沢の指摘と提言に激怒しながらも、ついには力を貸し始めます。

 

ところが半沢が役員や社員全員に説明する前に再建案は漏えいしてしまい、役員に関する改善策を含まない案のメールが帝国航空社員全員に出回ってしまうのです。

 

一度は再建案に協力を約束した神谷も投げ出します。

 

それでも半沢は社員説明会を開いて再建案の詳細を伝えるつもりです。

しかしその前に、半沢は再建案の一部だけをリークするメールを送信し再建の邪魔をしようとする人間を見つけ出そうとします。

 

そこに力を貸したのは東京スパイラルの瀬名社長です。

電脳の買収を阻止してくれた半沢に瀬名は恩義を覚えていました。

メールが東京スパイラルのプロバイダーを使っていたことから発信者は簡単に割り出せたのです。

「三重県伊勢志摩市東志摩町3-5-9 丸岡耕二」

 

一方、帝国航空の山久は、

「丸岡商工は永田の紹介で使っているポスターなど資材の納入業者で、年間9千万ほどの支払いだが、水増しされているようだ」

と半沢に教えます。

 

半沢はすぐに伊勢志摩に飛び丸岡商工を訪問しますが、社長の丸岡耕二は不在、東京に出張中でした。

事務員に行き先が「シェラトングランドホテル」だと教えてもらった半沢、さっそく東京に戻り、そこで丸岡耕二を見つけます。

そのホテルの会場では永田の兄の国会議員「永田栄一を元気にする会」が開催されていて、大物議員の箕部や白井大臣も出席していたのです。

そしてもちろんそこには永田がいたのです。

半沢をみつけた永田が近づいてきて「ここに何しに来たんだ!」と恫喝しますが、半沢は怯(ひる)みません。

 

永田が業者を使って裏資金を捻出し、兄の永田栄一に闇献金していると感づいたのです。

だから、永田は政府のタスクフォース案でも自分は切られないと、半沢の再建案に反対したのだと分ってきました。

 

尚も、永田は半沢に社員説明会など出来るものか?と言って来ましたが、半沢は社員説明会を強行しました。

 

そして、大勢の帝国航空社員がいる中、

再建案を一部だけ抜粋してメール送信したのは永田が丸岡耕二に指示してやらせたことだと、社用ハイヤーのドライブレコーダー映像記録で示します。

さらに証拠を示せと食い下がる永田に、

自分の書いた水増し請求書を突きつけられて、その指示が永田からだったことを自供する丸岡耕二の映像も示したのです。

 

これを同時に見た帝国航空社員たちに永田を憎み、半沢の再生案に団結して取り組む雰囲気が生まれてきたのでした。

 

 

 

一方、白井大臣の記者会見直後に「帝国航空再生タスクフォース」は発足し、企業の再建実績豊富な弁護士・乃原正太(筒井道隆)がリーダーに就任します。

さっそく乃原正太は、帝国航空本社ビルの25階フロアにタクスフォースのオフィスを設置。

乃原は債権銀行の担当者を呼びつけ、東京中央銀行の半沢直樹にも7割の債権放棄を迫ります。

 

しかし半沢は乃原に対しきっぱりと、

「当行は債権放棄を拒否します」

と言い切ったのです。

ルビコン川を渡ってしまった半沢。

ここから半沢 対 政府の戦いが始まるのでした。

「半沢直樹2」6話ネタバレあらすじ

「半沢直樹2」【6話ネタバレ】

銀行に帝国航空への債権放棄を迫る政府と自主再建案を推し進めようとする半沢(堺雅人)の攻防が始まりました。

東京中央銀行以外の銀行はすでに政府の意向に沿って債権額の7割放棄を検討し始めていますが、

半沢は「政府の債権放棄の要請には法的根拠があるのか?」と主張し一歩も退きません。

 

しかし開発投資銀行の担当者・谷川幸代(西田尚美)は、「政府には逆らえない」と言って半沢の抵抗を支持しません。

それでも、半沢は諦めません。

 

帝国航空の山久部長(石黒賢)も半沢の帝国航空再生計画に協力し、人員の整理や再配置に取り組んでいますが、社員からの反発は凄まじく対応に苦しんでいました。

 

そこに、政府は攻勢をかけてきました。

白井国土交通大臣(江口のりこ)がタクスフォースの責任者・乃原(筒井道隆)を連れて、東京中央銀行に乗り込んできたのです。

半沢を名指しで非難し、中野渡頭取(北大路欣也)に債権放棄を白井大臣は迫ったのです。

 

この事態に銀行内部では、半沢はずしの意見が出始めます。

しかし、そんなことには屈せず半沢はリストラされる帝国航空従業員の再就職先を探すため奮闘しています。

 

半沢が相談に行ったのは、開発投資銀行の担当者・谷川幸代(西田尚美)です。

鉄の女と呼ばれる谷川は、半沢の相談に最初は冷たくあしらう態度でしたが、半沢の熱意にヒントを与えます。

 

それは、格安航空会社LCCのスカイホープ航空が業務拡大を視野に多額の融資を申し込んできたという情報です。

スカイホープ航空は、需要の高いハワイ路線や国内ドル箱路線の新規参入を計画していたのです。

さっそく半沢は谷川にスカイホープ航空の担当者とあわせてくれ!と懇願すると、まもなくそこに現われたのは、かつてセントラル証券時代に部下だった森山(賀来賢人)でした。

半沢の話を聴いた森山は、技術やモラルレベルの高い帝国航空の従業員の受け入れには協力したいと積極的に動いてくれることになりました。

 

ところが、再び政府は東京中央銀行への嫌がらせの一手を打ってきました。

金融庁の銀行検査でした。

しかも、検察官として現われたのは事前の情報とは異なり、あの黒崎駿一(片岡愛之助)でした。

黒崎はこれが政府の差し金であることを明からさまに宣言した上で、過去の帝国航空への融資そのものに問題があったと指摘したのです。

 

それに対し、半沢は「それを検査した上で容認したのは金融庁。同罪ではないですか?」と反論。

そこで、黒崎は用意してきた2つの再建案資料を半沢に指示したのです。

1つは、帝国航空が作成し東京中央銀行経由で金融庁へ提出されたとされる再建案資料。

そこには、廃止路線20、人員削減5000人とあったのです。

 

それに対し、別ルートで入手したというもうひとつの帝国航空作成の再建案資料には、

廃止路線15、人員削減3500人と書いてあります。

 

「どっちが本当の帝国航空が作成した再建案なの?」と例のオネエ言葉でネチネチと半沢を責めてきたのです。

半沢が当時の担当者でないことは十分承知で攻撃し続けます。

 

たまらず半沢は、「確認しますので時間をください」と黒崎に頼み込むと、「1時間だけ待ってあげるわよ」と勝ち誇ったように悪魔は答えたのです。

 

すぐ様、頭取室で対応が協議されますが良い対応が無く、帝国航空の山久部長に聞いてみると、なんと!

「私どものミスです」とあっさり非を認めようとするのです。

納得できない半沢、

「そんなはずは無い!あなたほどの人がそんなミスなど……..」

無常にも約束の1時間が過ぎてしまいました。

 

会議室に戻った半沢に黒崎が、

「で、判ったの。結論を聞かせて」ととく得意満面の顔で聞いてきたのです。

渋々、

「判りませんでした」

と答えるのがやっとの半沢。

 

黒崎から帰ってきた言葉は、いままでの恨みを全部込めたように、

「これであんたも終わりね。覚悟しておきなさい!」とむしろ哀れむように吐き出して、その場を去ろうとしました。

 

その時、会議室に入ってきた一人の男こそ帝国航空再建の前担当者・曾根崎雄也(佃典彦)でした。

「遅れましたが、私が前担当者の曾根崎です。 いま、帝国航空の担当部長に確認したところ、その当時、再建案の素案段階のものを流出させてしまったことを認めました」

と弁明し始めたのです。

 

予想外の出来事に黒崎もその場は、「じゃ、あなたがその状況説明書を帝国航空から取って」と云うのがやっとでした。

黒崎としては半沢を貶めることが出来たので、それでその日は引き上げてゆきました。

 

このことによって東京中央銀行内部では、曾根崎に対する評価は急上昇、半沢の評価は地に落ちました。

幹部には半沢を退けて曾根崎を帝国航空の再建担当に復帰させようとの動きが活発化、もう半沢の左遷は決定的とまでの噂は流れています。

 

 

だが、最後の仕上げにと曾根崎が帝国航空の山久部長を訪れて状況説明書の作成と半沢を攻撃する要望書に印鑑を依頼すると、なんと拒否されたのです。

仕方なく曾根崎は、今度は要望書を偽造します。

 

実は、東京中央銀行がかつて金融庁に提出した再建案は、曾根崎が上司から指示を受けて数字を改ざんし提出していたものでした。

 

実はこの時、半沢の努力の甲斐があって500名を上回る帝国航空従業員のスカイホープ航空への受け入れが約束されたのです。

これで、山久部長は曾根崎の誘惑に打ち勝ち、半沢の再生計画に帝国航空の未来を託す決心をし、曾根崎の依頼を撥ね付けることが出来たのでした。

 

さて、中野渡頭取は帝国航空の担当責任者の人事の断を下すために、曾根崎と半沢の両方を頭取室に呼んで言い分を聞くことにします。

そこには、紀本常務(段田安則)や大和田(香川照之)のほか数名の関係取締役が待ち構えていました。

 

まず曾根崎が、帝国航空山久部長の印鑑が押された要望書なる文章を示して、半沢がしつこく山久部長に食い下がり、

状況説明書作成に支障をきたす事態になっていることを主張します。

 

しかし、半沢も用意してきた書類を披露したのです。

正しくそれは山久部長が作成した状況説明書。

曾根崎は、「それは私が作成の依頼を指示された書類だ!なんでお前が持っているんだ!」

半沢に向かって怒鳴りちらしますが、

中野渡頭取は、「そこになんて書いてあるんだ」と先に進めて真偽を確かめようとします。

 

それに従い、半沢がそこに記載されている

・ お問い合わせの書類に記載された数字の違いには(帝国航空は)一切関与していないこと。

・ 曾根崎氏が作成した要望書に書かれている事実は無いので破棄して欲しい

旨の内容を読み上げます。

 

全く対立する双方の主張と証拠。

 

大和田は「山久部長に来てもらいましょうか?」

と提案しますが、

半沢は、「その必要はありません。ここに証拠があります」

と、曾根崎が山久部長にウソの状況説明書を作成させようとした時の録音を再生し始めたのです。

 

これで、曾根崎はもう抗弁出来なくなり、中野渡頭取から、

「追って、処分は申し渡す」

と宣告され、頭取室を惨めな姿で去ってゆきました。

 

しかし、経緯はどうあれ、東京中央銀行が金融庁へ提出していたかつての再建案は銀行の人間が偽造し、金融庁検査を誤魔化していたことに違いはありません。

 

このあと、中野渡頭取は、金融庁長官から「業務改善命令」を受ける結果となりました。

 

その様子を伝えるTVニュースを悔しい気持ちで見詰める半沢に、さらに追い討ちが掛かります。

スカイホープ航空のハワイ路線開設に国土交通省の認可が下りないとの情報が飛び込んできたのです。

 

白井大臣の「やるときは徹底的にやるのよ!」のセリフ。

そこに明らかな、半沢の帝国航空再生計画を潰す策略が込められていたのです。

「半沢直樹2」7話ネタバレあらすじ

「半沢直樹2」【7話ネタバレ】

半沢(堺雅人)が帝国航空に示した自主再建案の要(かなめ)は、リストラされる余剰人員の受け入れ先の確保でした。

谷川(西田尚美)や森山(賀来賢人)の協力で新規路線の開設を計画していたスカイポープ航空が名乗りをあげたところで、白井国土交通大臣(江口のりこ)が先手を打って新規路線の認可を却下したのです。

すべては、半沢の自主再建案を打ち砕き、銀行の債権放棄を実現させることが国民へのアピールになり、初の女性総理大臣への足掛かりとなると白井亜希子は考えているのです。

 

しかし半沢の抵抗はまだ続きます。

タスクフォースの拠点に乗り込み、居合わせた白井国交大臣にスカイポープ航空の新規路線認可を却下する理由を質(ただ)す半沢。

「開発投資銀行の融資が認められなかったからよ」とスカイポープ航空の資金を白井大臣は理由にしたのです。

開投銀の担当・谷川に聞くとやはり圧力がかかってスカイポープ航空に対する新規融資は突然差し止められたとの答え。

谷川は続けます。

「銀行員だった父が私に教えてくれた言葉があります。貸すも親切、貸さぬも親切」

半沢は、その意味がわからず佇み続けます。

 

苦境に陥った半沢が次に考えた一手は、「東京中央銀行が開投銀に融資をすれば、スカイポープ航空の新規路線を認可しない理由はなくなる」という案でした。

さっそく、紀本常務(段田安則)と大和田(香川照之)に決裁を仰ぐと、両者からは意外な反応が返ってきます。

「メインバンクの開投銀をはじめ、他の銀行は皆、債権放棄に前向きなんだろう」

「半沢!おまえの負けだ!これ以上政府に楯突くと中野渡頭取を追い詰めることになる」

と融資稟議の決裁を拒否します。

 

 

 

そして、とうとう東京中央銀行役員会で帝国航空の債権放棄について最終決断が下されます。

この議案の最中、半沢は銀行のありかたについて矜持を語り、「貸した金は返してもらう」。

当たり前の理屈が通らなくなったら銀行の存在・役割は無意味になる。

と熱弁します。

 

ここで、大声で反対意見を叫び出したのは大和田でした。

「世の中理屈どおりはゆかないこともある。損して徳取れ!これが今われわれが取るべき選択だ!」と政府のいう債権放棄を受け入れる姿勢をみせたのです。

 

しかし、半沢も負けてはいません。

「それでは頭取がおっしゃった債権回収の指示に沿わないことになります。今後の融資活動に支障をきたすことにもなります。誰も貸した金を返してくれなくなります」

と反論。

 

すると、大和田も突然「半沢の云うことはもっともだ!私は自分の意見を取り下げよう!」

と予想もしない展開となったのです。

 

そして居並ぶ役員の挙手を求めたのです。

「債権放棄を拒絶すべきだと思う方、挙手を!」

その声に、ほとんどの役員は賛成の意思を表して、挙手をしました。

 

ただ1人、顔色を変えて「頭取!」と発言を求めた者がいます。

紀本常務でした。

「そんなことをしても、他の債権銀行は政府の指示どおり債権の放棄だ!その時、当行だけが拒否をしたら、東京中央銀行が国民から非難の的になってしまうのは間違いない!」

紀本常務も役員全員からの賛同を促して、挙手を求めます。

 

筆頭取締役の発言に、役員会メンバーは渋々賛同し大方は挙手をしました。

そこで紀本常務、安堵の表情で、

「では、この議案は債権放棄受諾ということで良いですな!」

と皆を威嚇するように述べた瞬間。

 

半沢が、

「債権放棄を受け入れるならば、メインバンクの開投銀が受諾の時という条件を付けさせてください!」

そのことばに鋭く反応しようとする紀本常務を制して、中野渡頭取(北大路欣也)が締めくくります。

「よし解った!メインバングの開投銀が受諾の時という条件を付けて債権放棄を受けることにする!」

と結論を宣言し議事を終わらせます。

 

 

そして、いよいよ白井大臣が設置したタスクフォースが銀行団から、示しておいた帝国航空への債権7割放棄の結論を聞く、合同会議が開催されます。

次々と出席者が議場に現われ、マスコミもその様子を生中継しています。

しかし、そこにはメインバングの開投銀の担当者である谷川幸代の姿がありません。

待っても連絡のない開投銀を余所に、タスクフォースの責任者の乃原(筒井道隆)は債権額が少ない銀行から「債権放棄の検討結果」を求め始めます。

 

ところが、帰ってくる各銀行からの答えはことごとく、

「主要銀行および準主要銀行の判断に従います」という回答です。

そして、東京中央銀行の半沢の番が来ました。

呼び声がかかってもいつまでも返事をせず座っている半沢に乃原は、

「どうした!怖気(おじけ)づいたか!」の罵声。

しかしその瞬間、半沢はスマホの画面をみて微笑みます。

 

そして、立ち上がり、

「準主要銀行の東京中央銀行は政府のいう債権放棄を拒絶しまず」

と言い放ったのです。

「気でも狂ったのか!東京中央銀行は役員会で債権放棄を決議したじゃないか!」

乃原は半沢を怒鳴りつけます。

「それはメインバンクが債権放棄を受け入れた時です」

 

会場の注目は遅れてやってきた開投銀の担当者である谷川幸代に向けられました。

椅子に座る間もなく乃原から回投を求められた谷川。

「開発投資銀行は債権放棄を拒否いたします」

 

並ぶ銀行団席から一斉に歓喜の声が挙がります。

みんな理不尽な債権放棄などしたくなかったに違いありません。

 

そして、

「開発投資銀行は先ほどの閣議で民営化が決定しました。もう政府系金融機関ではなくなるので銀行として当然の結論を出したまでです」

 

なんと!その閣議にはそこにいる白井大臣も当然出席し、開投銀民営化に賛成していたのです。

ひな壇に座っていた白井大臣が机に崩れ落ちたのはその瞬間でした。

報道は生放送でその様子を映し出しています。

「報道は退出!」と叫ぶ乃原の声も全国に流れていました。

 

半沢のスマホには谷川から届いたメールが残されていました。

「貸さぬも親切」

”借り手を甘やかさない”というのも銀行の役割だという意味(債権放棄拒否決定!)だったのです。

 

「半沢直樹2」8話ネタバレあらすじ

「半沢直樹2」【8話ネタバレ】

8話は冒頭、10年前に起こったある自殺事件の回想シーンから始まりました。

ホテルのバスタブの中で血を流して横たわる男性の死体を発見する女性は、今は小料理屋上越やすだの女将となっている智美(井川遥)でした。

詳細が解説されないまま、次に箕部幹事長(柄本明)と中野渡頭取(北大路欣也)が密談する場面に画面は移っています。

 

白井国交大臣が設置したタスクフォースによる合同報告会の席上、銀行団が一致して拒否したことによって消滅したかに思われた帝国航空の債権放棄問題。

実は政治側の反撃は水面下で始まっていたのです。

 

それが、

・ 政界の実力者でフィクサーとも言うべき箕部幹事長による中野渡頭取の呼び出し。

ここで中野渡頭取の国会への参考人招致を仄(ほの)めかせた脅しがあったようです。

 

・ 更に、最終的にタスクホースから帝国航空へ示された再生計画には、銀行の債権放棄が前提条件として未だに残っていたのです。

しかも、リストラの内容はほぼ半沢の示した案と同じであるにもかかわらず、廃線予定だった箕部幹事長の地元・伊勢志摩空港路線は維持されています。

 

 

一方、東京中央銀行取締役会では、大和田(香川照之)による紀本常務(段田安則)の追い落としが始まっていました。

「銀行員生命を賭けて債権放棄による帝国航空の再生」を主張してきた紀本常務に大和田はここぞとばかり攻撃を加えます。

 

ところが席上、紀本常務は中野渡頭取の国会への参考人招致の話が出ていることを述べて、「頭取を守るために債権放棄を受け入れよう!」と主張し始めたのです。

むろんそこで中野渡頭取は、自分しか知らないはずの「国会への参考人招致」を紀本常務が知っていたことに強い疑念を持ちます。

 

この事態に一気に苦境に立った大和田は半沢と再び組んで状況を打開する方策を練るのでした。

 

目的は、紀本常務と箕部幹事長との関係を証拠立てる事実を見つけ出すことです。

現在の東京中央銀行は、かつて旧東京第一銀行(通称T)と旧産業中央銀行(通称S)とが合併して出来たメガバンク。

旧東京第一銀行では表に出せない反社会的勢力や政治家への不適切な融資などが横行していたことは周知の事実だったのです。

 

しかし合併後にその事実をすべて隠蔽するような形で当時の牧野治副頭取が自殺し、不都合な部分は闇に葬られました。

大和田も半沢もそこに目をつけて、旧東京第一銀行が箕部幹事長に実行した20億円の融資稟議書を見つけ出します。

 

しかし、そこに記載されている貸付理由は、「マンション建設資金」とあるだけで不正な資金貸与とは断定しがたいのです。

ただし、融資後5年間も担保が設定されていないなど疑うべき点はあります。

 

だがすでに完済されており、当時の融資担当者・灰谷(みのすけ)に事情を聴きに行った半沢は「墓場を掘り起こすようなことをするな」と相手にされません。

だが、灰谷は半沢が融資稟議書をもって真実を嗅ぎ回っていることをすぐに紀本常務に注進しています。

 

それを受けて半沢の動きに警戒する紀本常務は、融資稟議書を取り戻すために検査部にいた半沢を問い詰めます。

この時、半沢の窮地を救ったのは大和田から指示された福山次長(山田純大)。

 

紀本常務が手にする直前に現われて融資稟議書を持ち去り、奪われずに済むことになったのです。

更に福山は、紀本常務を中心に「棺の会」なる牧野治副頭取を供養し偲ぶ集まりの存在の情報をもたらします。

そこには、「新山智美」。小料理屋・上越やすだの女将の名も記されていました。

 

9月6日の元牧野副頭取の命日に「棺の会」とは別に供養していた智美をみつけた半沢。

 

智美から故人の人柄や当時の状況を聴くと同時に、「紀本常務の口座に多額の振込みがあった」という噂を智美が耳にしていたことを知ります。

 

そして半沢、大和田、そして2人の共通の先輩で検査部に身を置く富岡義則(浅野和之)が相談し、ある作戦を決行します。

目的は、融資稟議書に記載されていない本当の融資理由が書いてあるクレジットファイルを探すことです。

 

作戦1 大和田が紀本常務に「元牧野副頭取が智美に託した遺書の中に、クレジットファイルのありかを示すヒントが書いてあった」とウソの情報を流す。

 

作戦2 紀本常務がその話を聞いて、灰谷が隠しているクレジットファイルの確認を指令すると予測。

 

作戦3 富岡が灰谷の動きを監視しておき、クレジットファイルの隠し場所を突き止める。

 

作戦4 クレジットファイルの記載内容を確かめた富岡から連絡を受けた半沢が、智美の店にやってきた紀本常務に箕部幹事長との関係を問い詰める。

 

 

作戦は見事に予想通りの展開となって智美の店におびき出された紀本常務は半沢の前で屈しそうになる瞬間を迎えるのですが、その時紀本に掛かってきた1本の電話が状況を大きく変えてしまいます。

箕部幹事長が半沢と大和田を呼びつける連絡でした。

 

幹事長室に呼ばれた半沢と大和田は、箕部から元副頭取・牧野治名義の預金通帳に多額の裏金が振り込まれている記録を示され愕然とします。

 

その記録の真偽を確かめる暇(いとま)も与えず、幹事長は2人に謝罪を求めます。

そして金融庁長官に電話をして銀行に圧力を加えようとするのです。

まず大和田が、そして遂に半沢もが箕部幹事長に屈し頭を下げたのです。

 

これで紀本常務と箕部幹事長の闇のつながりや不正融資の追及は根を絶たれたと思われたのですが、意外な人物から半沢は起死回生のヒントを受け取ることになります。

 

別の目的で箕部幹事長の不正を調べていた金融庁の黒崎(片岡愛之助)でした。

突然、人事異動で金融庁統括検査官の職を解かれたのです。

 

「伊勢志摩ステートを調べなさい」

 

金融庁を去る際、駆けつけた半沢に黒崎が伝えたこの一言が半沢を蘇らせることになるのです。

「半沢直樹2」9話・最終回ネタバレあらすじ

「半沢直樹2」【9話ネタバレ】

9話は冒頭、10年前の牧野副頭取の葬儀会場での中野渡(北大路欣也)と智美(井川遥)の会話シーンからのスタートです。

中野渡は、銀行を退職することにしたと申し出た智美に最後に頼みごとをします。

それは、牧野副頭取(山本亨)が死に至った経緯を調べたい、旧S(産業中央銀行)出身者のなかで、それが出来る口が堅く、信頼できる人物を人選して欲しいということだったのです。

 

一方、半沢は牧野の口座を見せられて箕部幹事長(柄本明)に謝罪したものの納得出来ずに、黒崎(片岡愛之助)からささやかれたヒント「伊勢志摩ステートを調べなさい」の一言だけが事態打開への期待でした。

スパイラルの社長・瀬名(尾上松也)と森山(賀来賢人)はそんな半沢に協力を申し出ます。

それで勇気を得た半沢は、森山と伴に東京中央銀行伊勢志摩支店副支店長の同期の深尾貴洋(小松和重)を訪ね協力してもらい伊勢志摩ステートの決算書を調べます。

 

その結果、銀行から箕部啓治の口座へ20億円の融資金が振り込まれた日に伊勢志摩ステートへその金が入金されていたことが判ったのです。

伊勢志摩ステートはその金で伊勢志摩空港予定地を買収し、空港公団に売却していることが決算書から読み取れました。

しかし、その売却代金がその後どの様に箕部啓治へ還流されたのかはその資料からだけでは解りません。

半沢が銀行の応接室で金の行方を思案していると、伊勢志摩ステートの決算書を取り戻しに箕部啓治の秘書・笠松(児嶋一哉)が伊勢志摩支店やってきたのです。

自分達の姿が笠松に目撃されてはマズイと逃げ出し、半沢と森山は寸でのところでタクシーに乗り込むことが出来ました。

 

 

東京に戻った半沢は、空港用地売却代金の使途を探すためにもう一度クレジットファイルが隠されていた書庫センターを、富岡(浅野和之)、渡真利(及川光博)、田島(入江甚儀)らと訪れます。

しかし、架空の荻窪西支店の棚は空っぽになっていて置かれていたダンボール30箱は持ち去られた後でした。

入出庫管理の記録にも監視カメラの映像にもその持ち出しはありません。

 

箕部啓治のクレジットファイルは既に大和田(香川照之)が紀本常務(段田安則)に渡してしまっていて、それすらも見ることは出来ません。

しかし、半沢は諦めません。

大和田がクレジットファイルの中の情報を記録せずに紀本に返すはずが無いと確信。

役員室に押しかけて脅し、大和田が携帯のカメラで撮っていた情報の映像データーを自分の携帯に送信し持ち帰ります。

 

しかしそこに映っていたのは暗号めいたメモばかりで、金の流れはほぼ想定は出来ても証拠としては不十分です。

ところが、そのメモに書かれた「D」の筆跡には癖があって、協力に加わった福山(山田純大)の調べでは紀本の子飼いの部下・灰谷(のみすけ)が怪しいと言います。

 

そこで灰谷行き付けの食堂で待ち受けていた福山と渡真利が、灰谷の隙を作り手帳を調べてみますがクレジットファイルのメモを書いたのが灰谷なのかどうかは確証が得られません。

そこに突然現われたのが黒崎俊一でした。

問い詰めても答えない灰谷の股間にいきなり手を伸ばすと、潰す勢いでぎゅうぎゅう締め上げます。

これには灰谷も堪らず、メモを書いたのが自分ですべて紀本の指示であることを白状しました。

 

ただしこれだけでは箕部を追い詰める証拠にはなりません。

その時、半沢の脳裏に不審な光景が蘇えります。

初対面のはずの智美の店で、富岡が冷たいお茶を好むことを智美が知っていたことです。

半沢は智美の店に戻ると、そのことを智美に尋ねます。

 

ここで半沢は、智美が中野渡から頼まれて富岡を旧東京第一銀行時代の不正融資の実態を調べる役割りに人選していたことを知ります。

智美と富岡は以前から結びつきがあったのです。

 

そして、銀行内で富岡の後を付けた半沢は地下4階の奥にある書類倉庫に富岡が移した30箱のダンボールに詰められた極秘ファイルを発見。

富岡に箕部啓治への還流資金を示す資料があったのかを問い質しますが、「見つからなかった」との答えが返ってきます。

 

その時、紀本常務がこの書類倉庫に入ってきます。

「やっぱりお前らだったんだな。重大な規則違反だ!」と攻め立てます。

紀本は旧東京第一銀行の不正融資のファイルが入ったダンボール箱が書庫センターから消えていたことを云っているのです。

すかさず半沢が反論、20億円もの銀行の金を不正な土地買占めが行われると知っていて無担保で融資をしたのはあなた紀本常務じゃないですか!と口撃します。

 

その時でした。

先ほどまで灰谷に白状させていた黒崎がそこに現われたのです。

「♪これから鬼の征伐に助太刀するわよ♪ ♪くろさきが~♪」

得意満面に“桃太郎の歌”に合わせて紀本に語りかけて来たのです。

 

「何でこんな所に?」

驚く紀本を無視するように、黒崎の背後から灰谷が全てを白状する音声」が再生されています。

渡真利の持つスマホから録音された音声データが流れていたのです。

そして、更に黒崎は福山から数行の紀本平八名義の預金口座記録を受け取ると、クレジットファイルのメモにある「S」や「H」への多額の支出とその口座への入金が一致することを紀本の前で立証して見せたのです。

ここに至ってやっと紀本は観念し白状し始めます。

 

そこで、あとは箕部を追い詰める証拠が欲しい半沢。

紀本に箕部への送金記録の保管場所を問い質します。

すると、「地下5階の役員専用の書類保管場所に仕舞ってある」と答えたのでした。

 

しかし紀本に案内させてその場所に行ってみると、もうすでに箕部への送金記録はすでに持ち去られた後。

すぐ様、半沢はそこまで同道していた福山を問い詰めます。

「お前さっき誰かにメールしていたな。誰だ!」

犯人は、大和田でした。

 

大和田の車両電話の位置データから、半沢は紀尾井町のホテルニューオータニ東京に大久保の居場所を特定し、レストラン・トゥールダルジャン東京に乗り込みます。

そこには何と!大久保のほかに、中野渡頭取と箕部幹事長も同席していたのです。

大久保はすでに箕部に書類の入った封筒を渡した後でした。

 

半沢はここで中野渡頭取に箕部幹事長の不正を手助けした旧東京第一銀行の融資があったことを世間に公表すべきだと主張します。

ここで、中野渡頭取が怒り半沢を帝国航空の担当から外すと断を下したのです。

 

これに対し大和田は頭取への失礼を詫びろと言い、箕部幹事長は土下座すれば許すとも云いますが、半沢は大和田を振り払って、箕部幹事長を罵倒し続けたのです。

そして、中野渡頭取と箕部幹事長、大久保「三人まとめて1000倍返しだ!」と強烈な決めゼリフが飛び出したのです。

 

まとめ

以上、半沢直樹2の動画配信状況とネタバレでした。

 

「半沢直樹2」は今のところ無料配信の方法が見当たらず大変残念なのですが、

Paraviで前作「半沢直樹」全話を見ることができるほか

堺雅人や上戸彩を始めとするメインキャストたちの出演ドラマが多数Paraviで配信されており

実質無料でご視聴いただけるので、ぜひParaviに2週間の無料体験登録をしていただきご視聴いただければと思います!

本日から10月5日まで無料!
\「半沢直樹1」を見るならParaviがおすすめ!/

ドラマを見るのにおすすめな動画配信サービス

FODプレミアム

現在放送中・予定の以下のドラマが無料で視聴可能
※詳しくは以下のタイトルをクリック!

  • 1ヶ月無料体験キャンペーン中
  • フジテレビのドラマ・バラエティが充実
  • 雑誌の最新号が読み放題
  • 最大1300円分のポイントが毎月もらえる
  • 無料期間も1300ポイントもらえる
  • 電子書籍購入は20%ポイント還元

Paravi

現在放送中・予定の以下のドラマが無料で視聴可能
※詳しくは以下のタイトルをクリック!

  • 2週間無料体験キャンペーン中
  • TBS、テレ東の番組が充実
  • 毎月500円分のParaviチケットがもらえる
  • Paraviオリジナル番組が面白い

Hulu

現在放送中・予定の以下のドラマが無料で視聴可能
※詳しくは以下のタイトルをクリック!

  • 14日間無料体験キャンペーン中
  • 日本テレビの番組が充実
  • 海外ドラマが充実

U-NEXT

現在放送中・予定の以下のドラマが無料で視聴可能
※詳しくは以下のタイトルをクリック!

  • 31日間無料体験キャンペーン中
  • 他社を圧倒する見放題作品数
  • 無料体験に登録すると600ポイントもらえる
  • 雑誌70冊以上が読み放題
  • 映画館もお得になる

自宅やスマホで映画を見る際にあなたは何で見ていますか?

もし違法動画サイトを使っているのであれば今すぐにこちらの記事を見てください!

 

今は動画配信アプリが非常に進化してきていて月に数百円で何万本もの映画を見ることができる時代です。

違法動画サイトで

  1. なかなか目的の動画が見つからない
  2. 見つかったと思ったら低画質
  3. 途中に入る広告がうざい

などといったストレスを抱えながら動画を見るのはもう終わりにしましょう。

 

当サイトでは目的別でどのアプリを使えばあなたの欲求を満たせるか徹底的に解説しています。

  • 【映画(洋画・邦画)】を沢山見たい人におすすめの動画配信アプリ
  • 【韓流系】を見たい人におすすめの動画配信アプリ
  • 【漫画・アニメ】を楽しみたい人におすすめの動画配信アプリ
  • 【ディズニー映画】を楽しみたい人におすすめの動画配信アプリ
  • 【ジブリ映画】を楽しみたい人におすすめの動画配信アプリ
  • 【ドラマ】を沢山見たい人におすすめの動画配信アプリ
  • 【月額費用】を抑えたい人におすすめの動画配信アプリ

きっとあなたに合ったアプリが見つかるはずです!

 

▼目的別で選ぶ動画配信アプリまとめ▼

ドラマを見るのにおすすめな動画配信サービス

FODプレミアム

現在放送中・予定の以下のドラマが無料で視聴可能
※詳しくは以下のタイトルをクリック!

  • 1ヶ月無料体験キャンペーン中
  • フジテレビのドラマ・バラエティが充実
  • 雑誌の最新号が読み放題
  • 最大1300円分のポイントが毎月もらえる
  • 無料期間も1300ポイントもらえる
  • 電子書籍購入は20%ポイント還元

Paravi

現在放送中・予定の以下のドラマが無料で視聴可能
※詳しくは以下のタイトルをクリック!

  • 2週間無料体験キャンペーン中
  • TBS、テレ東の番組が充実
  • 毎月500円分のParaviチケットがもらえる
  • Paraviオリジナル番組が面白い

Hulu

現在放送中・予定の以下のドラマが無料で視聴可能
※詳しくは以下のタイトルをクリック!

  • 14日間無料体験キャンペーン中
  • 日本テレビの番組が充実
  • 海外ドラマが充実

U-NEXT

現在放送中・予定の以下のドラマが無料で視聴可能
※詳しくは以下のタイトルをクリック!

  • 31日間無料体験キャンペーン中
  • 他社を圧倒する見放題作品数
  • 無料体験に登録すると600ポイントもらえる
  • 雑誌70冊以上が読み放題
  • 映画館もお得になる
最新情報をチェックしよう!
>自宅で映画を無料で見ませんか?

自宅で映画を無料で見ませんか?

2019年「サブスク」という言葉が流行語ノミネートされましたが、動画業界でもこの波があります。 何十万本もの動画をサブスクで視聴する時代です! でも、できれば無料でみたいですよね。 そんなあなたの為に無料で映画が視聴できるアプリ11選をまとめました。

CTR IMG