ドラマ「美食探偵 明智五郎」を見逃し配信でフル動画を無料視聴する方法!1話〜最終話のネタバレ・感想

2020年4月12日からスタートする「美食探偵 明智五郎」!

『もし明日死んでしまうとしたら、あなたは最後に何を食べますか?』

ドラマの原作になった漫画は、東村アキコさんにとって初の探偵もの。

 

中村倫也さんが演じる明智五郎はもちろんなのですが、小池栄子さんが演じるマリアがどんな感じなのか楽しみです!

漫画では殺人シーンなどちょっとグロめの部分があるので、そこらへんがドラマではどうなるのか気になるところ…

原作の漫画は3月現在まだ完結していないので、最終話の終わり方が今から楽しみです。

 

そんな美食探偵 明智五郎を無料でご視聴いただける方法をご紹介いたします!

合わせてキャスト、ネタバレ、感想とともに詳しくまとめてみました!

※ネタバレ、感想は放送開始後に毎週更新!お楽しみに!

この先には「美食探偵 明智五郎」のネタバレとなる情報もあります。先に自分の目で見ておきたい方はHuluで無料でご視聴いただけます。
目次

「美食探偵 明智五郎」コロナ影響による延期・放送日情報

「美食探偵 明智五郎」は2020年4月12日に無事放送され、その後も順調に第6話まで放送されましたが

コロナウイルスの緊急事態宣言延長によりストックが尽きたようで

5月24日からは特別編の放送となりました。

 

再開の目処は現在のところ立っていないようですが、情報があり次第お知らせします。

「美食探偵 明智五郎」を見逃し配信で無料視聴する方法

 

「美食探偵 明智五郎」の動画配信状況

動画配信サービス名配信可否無料期間備考
U-NEXT×31日間初回登録時600pt
FOD×1ヶ月間1ヶ月最大1,300pt
Hulu14日間日テレ系番組に強い
Paravi×2週間TBS,テレ東番組に強い
Netflix×なしNetflixオリジナル番組あり
Amazon プライム×30日間Amazon プライム独占配信あり
TSUTAYA DISCAS×30日間ジブリ系を見るならTSUTAYA一択
美食探偵 明智五郎は日本テレビの番組ということもあり、Huluのみで見逃し配信がされていますのでくれぐれも注意してください!

\14日間の無料体験に今すぐ登録!/


▼登録・解約方法は以下よりご確認ください▼
※14日以内に解約すれば完全無料※

「美食探偵 明智五郎」をHuluで視聴するメリット

美食探偵 明智五郎をご視聴いただけるHuluの特徴についてまとめてみました。

Hulu まとめ

  • 14日間無料キャンペーン中
  • 登録するだけで膨大な作品が見放題
  • 視聴できる作品は6万本以上
  • 日本テレビのドラマが充実
  • 海外ドラマ多数

実際にHuluを利用されている方達の感想を集めてみました!

 

Huluなら話題のドラマや映画が見放題!

Huluでは、美食探偵 明智五郎のメインキャストである方の作品が多数配信されています。

Huluの「中村倫也」出演作品一覧

Huluで視聴できる中村倫也さんの出演作品はこちら

  • 双葉荘の友人
  • 崖っぷちホテル!
  • 星ガ丘ワンダーランド
  • ミス・シャーロック/Miss Sherlock
  • クロユリ団地 ~序章~
  • ドロ刑 -警視庁捜査三課-
  • 3月のライオン

中村倫也さんは役柄によって、ガラッと印象が変わるのがすごいですよね!

真面目に仕事をしないシェフや怖いヤンキー、シリアスな役などいろんな中村倫也さんに会えます。

出演作品がたくさん配信されているので、作品によって変わる中村倫也さんを楽しめますよ。

 

Huluの「小芝風花」出演作品一覧

Huluで視聴できる小芝風花さんの出演作品はこちら

  • ガールズ・ステップ
  • べしゃり暮らし

「ガールズ・ステップ」はひょんな出来事がきっかけで、ダンス部を結成することになった女子たち。

集められたメンバーは、クラスに友達がいないぼっちで地味な4人。

そんなジミーズにチームワークがあるはずもなく、ダンスも上手くなくて…

練習を重ねるうちに友情が芽生え、ダンス選手権に挑むことになりました。

友情は本物なのか、ジミーズの行方に注目です。

 

Huluの「小池栄子」出演作品一覧

Huluで視聴できる小池栄子さんの出演作品はこちら

  • リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~
  • 俺の話は長い
  • テラフォーマーズ
  • 人生の約束
  • 5人のジュンコ
  • 北のカナリアたち
  • 八日目の蝉

「5人のジュンコ」で小池栄子さんは、連続不審死事件の容疑者を演じています。

5人の男性を殺害した疑いで、連日ワイドショーを賑わせていました。

あるジャーナリストが事件の真相を探るため、取材を始めます。

この事件に関わる被害者の一人だと思われる人物が浮上するが、俺はすでに亡くなった守川という女の息子でした。

 

ぜひHuluの2週間無料体験で視聴してみてはいかがでしょうか。

本日から7月26日まで無料!
\「美食探偵 明智五郎」を見るならhuluがおすすめ!/

「美食探偵 明智五郎」の作品情報

ドラマ名美食探偵 明智五郎
ジャンルヒューマンドラマ
出演者明智五郎:中村倫也
小林苺:小芝風花
高橋達臣:佐藤寛太
桃子:富田望生
上遠野透:北村有起哉
マグラダのマリア:小池栄子
伊藤(シェフ):武田真治
桐谷みどり(れいぞう子):仲里依紗
古川茜(茜):志田未来
明智寿々栄:財前直見
執事・小松崎:モロ師岡
明智大五郎:宮崎哲弥
演出菅原伸太郎
水野格   ほか
プロデューサー荻野哲弘
本多繁勝
西紀州
脚本田辺茂範
原作東村アキコ「美食探偵-明智五郎-」
放送期間2020年4月12日(日)〜
放送時間毎週日曜日夜10:30〜
主題歌未定

 

 主題歌は宇多田ヒカルさんの「Time」

主題歌は宇多田ヒカルさんの「Time」に決定しました!

宇多田ヒカルさんが日本テレビのドラマに主題歌を提供するのは、デビューから22年目で初です。

原作の漫画を読んだ上で、この曲を制作されたようです。

ポップでダークなドラマの世界観に、宇多田ヒカルさんの素晴らしい曲が流れます。

宇多田ヒカルさんの世界観に引き込まれる、とても素敵な曲です。

 

「美食探偵 明智五郎」のキャスト情報

明智五郎役:中村倫也

明智五郎は麗しい見た目で、美味しいものをとにかく愛している私立探偵。個性的なウェーブヘアと、ループタイがトレードマーク。親が大手百貨店の代表で、明智は跡取り息子。いつもカード払いをしようとして、苺に怒られる。子供の頃から、おじいちゃんに美味しいものをたくさん食べさせてもらっていて美食家に。

 

小林苺役:小芝風花

小林苺は、ワゴン販売の「イチゴ・デリ」で弁当を販売している。明智はお店の常連さん。明智からは「一号」と呼ばれている。明智がマリアを追いかけようとしたが、車の免許を持っていなかったのでタクシーの代わりに使われて、それからも調査の手伝いに駆り出されている。文句を言いながらも、ちゃんと手伝う。

 

高橋達臣役:佐藤寛太

高橋達臣は上遠野の部下で、新米刑事。上司の上遠野よりも、明智のことを信頼している。明智に憧れていているので、なんでも言うことを聞き捜査内容をペラペラ話してしまう。東大を卒業していて、出世コースを歩んでいるエリート。

 

桃子役:富田望生

桃子はイチゴの幼馴染で、実家は超お金持ち。超がつく大食いで、食べることが何よりも大好き。明智に負けないほど食に詳しい。意外と鋭い一面も。苺と明智の関係が気になっている。苺が困っているときは、神出鬼没で助けに来てくれる頼もしい存在。

 

上遠野透役:北村有起哉

上遠野透は警視庁捜査一家のベテラン刑事で、高橋の上司。明智とは大学時代の同級生。月1で開催される食事会「東京美食倶楽部」に、明智に無理やり入れられた。上遠野自身は食事に興味がないので、マナーはほとんど知らず明智に怒られる。

 

マグラダのマリア役:小池栄子

マリアは、明智に夫の浮気調査を依頼した依頼人。夫を殺害し、そのニュースを見た明智がマリアが犯人だと気づいた。捕まえに来た明智の目の前で崖に飛び込み、行方不明になった。明智に会うために、ネットで悩んでいる人を言葉巧みに操り殺人を犯させる。

 

伊藤(シェフ)役:武田真治

伊藤はフレンチレストラン「メゾン・ヴェリテ」のオーナーシェフ。パリで修行中に殺人に目覚める前のマリアと出会っていて、その時に東京で自分のお店を持つことを誓った。その大切なお店を食べリポのレビュアーに酷評され、マリアに殺意を見抜かれて実際に殺人を犯してしまった。マリアに惹かれている。

 

桐谷みどり(れいぞう子)役:仲里依紗

桐谷みどりは専業主婦。結婚した時愛する夫のために、得意料理で冷蔵庫をいっぱいにしようとしていた優しい妻。しかし夫は姑の料理を好む。いつも姑から黒い煮物料理がたくさん送られてきて、冷蔵庫がいっぱいに。理想と現実のギャップに苦しみ、ネットでマリアに相談した。衝動で夫を殺してしまい、マリアが送った助っ人・シェフと一緒に夫を”解体”してしまう。

 

古川茜(茜)役:志田未来

古川茜はりんご農家の一人娘で、純朴な性格。大学進学で彼氏が上京し、浮気に悩んでいた。インターネットで悩みを投稿し、それをマリアが見つけた。浮気相手をマリアに殺してもらい、ハンドルネーム「茜」としてマリアの仲間になった。

 

ココ役:武田玲奈

ココは地下アイドルグループのメンバーで、ストーカーになったファンに悩まされている。精神的に追い詰められていた時、マリアから白いキノコの瓶詰めをもらう。そのキノコでパスタを作り、ストーカーに渡してしまう。

 

「美食探偵 明智五郎」1話のネタバレあらすじ

美食探偵 明智五郎【1話ネタバレ】

もし明日死んでしまうとしたら、あなたは最後に何を食べますか?

人生どこで何が起きるかわからないもの。

これが最後の食事だと意識して食べる人はいるのでしょうか。

苺はある男と出会ってしまったばっかりに…

 

キッチンカーでお弁当を販売している苺の元に、明智五郎がお客としてやってきます。

明智はすぐ近くのビルで働く探偵で、今時ループタイをしているちょっと変わり者でめんどくさい人。

お弁当の代金をカードで支払おうとするので、苺が「カードは使えません」と言うと…

明智は「今日もつけといてくれ」と言い、お弁当を受け取り去っていこうとします。

苺がこのままでは潰れちゃうと言うと、それは困ると明智が言います。

ここが潰れたら、また弁当屋を探さないといけないから。

明智の接客をしていると、他のお客さんが帰ってしまいました。

 

いきなり明智の肩を組み、「うちの島荒らしてくれたらしいな」と言う男が!

もう一人の男は土下座をして「明智さんごめんなさい」と謝ります。

苺はやばい人が来たと思い、キッチンカーの陰に隠れます。

明智はその男たちに連れて行かれます。

カードを置き忘れていることに気づき、苺は探偵事務所に届けることにしました。

 

事務所の前に着いた時、物騒な声が聞こえたので苺が急いで中に入ると…

怪しいと思っていた男たちは警察だったのです。

苺は「何かしちゃったんですか?」と明智に聞くと、ランチを邪魔されたことで不機嫌に。

明智は「ランチにランチを食べられないなんて、死に値する」と怒っています。

 

上遠野と高橋は今日明智が買いに行ったパン屋の店主が、山の中で変死体で発見されたことを伝えます。

頭部を鈍器で殴られた跡があり、近くには狂気と思われる麺棒がありました。

しかし遺体発見現場にはほとんど血痕が無いのです。

上遠野は犯人は店の従業員で、店主の息子夫婦が2人が言い争っているのを聞いていると見立てを話します。

すると明智は「それはおかしい」と言いました。

 

明智は今日購入したパンを取り出し、酵母の繊細さを語り出します。

酵母は水に弱い。

今日お店で犯行が行われたとすれば、血痕を水で洗い流す必要があります。

もしそうならパンがこんなにふっくらしているわけがないのです。

それに職人が大事な道具で殺人をするだろうか…

「そうですよね、いくら店を潰してコンビニにするって言われたからって」と捜査情報を話してしまう高橋。

明智が「どうやら犯人は」と話すのを遮り、上遠野は「犯人は店主の息子夫婦だ」と言いました。

そして上遠野と高橋は、犯人の元に向かいました。

 

明智は苺に「何の用かな?」と言います。

苺は忘れて行ったカードとお弁当を渡します。

お弁当をゆっくりと味わい「悪くない」とつぶやく明智。

苺がお代をもらおうとしていると、一人の女性が依頼のため訪ねてきました。

 

彼女は夫の浮気調査を依頼します。

帰ってくる夫から毎日違う料理の匂いがすると。

夫は会社勤めの研究職で、真面目な人だと言います。

明智が上司とランチをしたのではと言うと、女性は「それはありえません」と否定しました。

毎日家では同じメニューを食べるし、そもそもランチだけでそんなに匂いがつくのかと。

それを聞いていた苺は「許せないですね」と、2人の間に入ります。

お昼に女性と過ごし、家に帰って何食わぬ顔で妻の料理を食べるなんてと話す苺。

 

明智は依頼を受けることにしましたが、「ひとつ問題が」と言います。

その問題とは、昼に調査をすると自分がランチを食べられないということでした。

仕事でも1日3回の食事を無駄にしたくない明智。

そこで苺は困ってる女性を助けたくて、毎日お弁当を届けることを提案します。

そして報酬が入ったら、今までのツケを払ってもらうことにしたのでした。

 

さっそく調査を始めた明智。

昼に会社から出てくる夫を確認し、後をつけます。

その明智の後を苺が追いかけていきます。

夫はアパートの一室を訪ね、そこで女性と会っているのを確認。

写真を撮り、明智は「弁当を持ってきているなら早く渡したらどうだ」と苺に声をかけます。

 

明智は苺のお弁当を食べ始めますが、突然手を止めアパートをじっと見つめます。

夫が入っていった部屋の窓が開き、料理をする女性の姿が見えました。

そして明智の一週間の捜査が終了。

相手の女性は会社近くの喫茶店で働いていて、夫は毎日彼女の部屋で昼食をとっていることを依頼人に伝えます。

ランチ時間に彼女の部屋に行っているだけで、不貞行為をしていると証明できるのか…

依頼人は知り合いに離婚弁護士がいると、慰謝料をもらって別れると言います。

 

明智は突然もうすぐランチの時間だと思い出します。

すると依頼人はもし良かったらと、昼食を作ってくれることに。

彼女の作ったムニエルを食べ、明智は「悪くない」と言います。

明智にとって悪くないは、最上位の褒め言葉でした。

 

デザートを食べ終えたからと、明智は帰ろうとします。

しかしデザートを出していない彼女は驚きます。

明智は「あなたの笑顔です」と言いました。

本当の自分をどこかにしまい込んでいる、これからは自由に解き放ってと伝えます。

彼女は片付けをしながら、明智の言葉を思い出し嬉しくなりました。

 

次の日苺は明智に「大丈夫でした?」と聞きます。

しかし守秘義務だと教えてくれません。

今日のメインがエビフライだと知ると、明智はアレルギーだと怒り出します。

苺に作ってもらった磯辺揚げを食べていると、男性が首を切りつけられ重体のニュースがテレビから流れます。

テレビがアパートを映し出すと、現場が依頼人の夫が通っていた女性の住んでいるアパートだったのです!

 

明智は慌てて依頼人に電話をすると、彼女は血だらけの姿で運転をしている最中でした。

被害男性の死亡が報じられます。

そこで明智は「僕とデートしませんか?」と言うと、彼女は「最後にそれくらいしてもバチは当たらないかも」と言います。

車の助手席には血だらけの包丁が…

明智は知り合いのレストランで、2人で食事をしましょうと誘いました。

明智は苺に車を出すよう言います。

「君のせいで人が死んでもいいのか」と言われ、状況がわからないながらも車を出すことにしました。

 

彼女は橋から包丁を海に捨てました。

上遠野たちから事情聴取を受ける女性は、「私たちはそんな関係じゃない」と泣きながら話します。

将来自分のお店を出すのが夢で、昼休みに試食をしてもらっていただけなのでした。

その時被害者の妻と連絡が取れず、家にも帰っていないと報告が。

 

明智がレストランに到着すると、すでに依頼人・マリアは来ていました。

以前とはすっかり雰囲気が変わっていました。

今日のメニューの説明をされますが、彼女は「真っ赤なレアのお肉が食べたい」と言います。

彼女は夫が肉より魚が好きで、毎日美味しいとも言わずただ食べるだけだったと話し出します。

何の疑問も持たず、10年間そのつまらない料理を作り続けたと。

「あんなに若い愛人がいたことが許せなかったと?」と明智が聞きます。

すると「夫婦にとって食事とセックスどっちが大切なのか?」と言う彼女。

妻には魚料理と味噌汁を作らせ食べさせ、知らないところで若い女といろんな料理を食べる夫が許せなかったのです。

明智が言うような浮気は、夫がしていないと彼女は分かっていました。

夫が不能だから子供がいないと。

 

ステーキを一口食べ、「美味しい」とつぶやく彼女。

新婚の時に料理を頑張ろうと買い揃えた包丁は、一度も使うことなくずっとキッチンで眠っていました。

「だからそれで首をかっきってやったの」と。

最後の晩餐がこんな高級なディナーなんて幸せだと話す彼女。

明智は部屋をとっていると話します。

今回は自分の責任で、あなたの心のうちに気づくべきだったと。

アパートの場所を教えてしまい、依頼人を犯罪者にしてしまい探偵失格だと言う明智。

 

明智の言葉が私を解き放ってくれたと、彼女はお礼を言います。

突然明智がその場に崩れ落ちます。

「私の謎を解いてくれてありがとう、さようなら」と彼女は言いました。

お店から出てきた彼女は一人で、苺は違和感を感じ明智のもとに急ぎます。

倒れている明智に必死に声をかけていると、睡眠薬で眠らされていることに気づきました。

何とか明智を担いで車まで運ぶと、「彼女を追いかけてくれ」と言います。

明智に「死にたい女が行きそうな場所だ」と言われ、苺はスマホに”葉山・自殺スポット・ランニング”と聞きます。

そして表示された崖に、2人は向かうことにしました。

 

崖の上に立つマリアに、「やめるんだ」と明智が声をかけます。

苺も必死に止めようと声を掛けるが、明智は「黙れ」と叫びます。

「一緒に朝食を食べに行きませんか?もっと話がしたい」と言う明智。

しかしマリアは両手を広げ、海へ飛び込みました。

これが明智と苺の最初に事件で、マリアの遺体はまだ見つかっていません。

 

明智もさすがに落ち込んでいるかなと思っていると、いつもと変わらない様子でお弁当を買いに来ました。

お弁当を受け取り事務所に戻ると、”素敵な探偵さんへ”というモナリザの絵葉書が届いていました。

苺は友達の桃子と一緒にパンケーキを食べに来ていました。

明智の愚痴を話すと、桃子は「その探偵は苺に気がある」と言い出します。

苺の不満は止まりません。

明智は上遠野と東京美食倶楽部で集まっていると、高橋が「緊急事態です、事件です」と飛び込んで来ました。

事件が起きた現場は、明智たちがいる上の階だったのです!

 

第一発見者はホテルの従業員。

チェックアウトの時間になってもこなかったので、様子を見にきたのでした。

最後に生きてる2人が確認されたのは、朝8時朝食をルームサービスで届けた時。

明智は高橋に朝食のメニューを調べるよう指示を出します。

パンケーキを食べていた苺の電話に、明智から電話がかかってきます。

「今から来てくれ」と、苺を呼び出します。

ホテルで若い男女の死体が見つかったと報じる街中のモニターを、じっと見る一人の女性がいたのでした。

 

苺は呼び出されたホテルで、殺人事件が起きていることを知ります。

高橋は明智に捜査でわかったことを報告していきます。

被害者は23歳アルバイトの男性と、25歳飲食店店員の女性。

毒物はシアン化合物で、朝食のメニューはフレンチトースト・フルーツ・紅茶でした。

上遠野が「お前は確か」というと、明智は「助手です」と苺のことを紹介します。

 

2人は部屋に行き、明智はルームサービスで被害者が食べたメニューと同じものを注文します。

しかしモーニングのメニューだと断られると、「曽祖父の代からこのホテルにお世話になってるのに」と言い出す明智。

一流デパート・扇屋百貨店の社長の御曹司だとアピールし、フレンチトーストを作ってもらえることに。

そのことを知った苺は、「そんなにお金持ちなのに、お弁当をツケにしていたんですか」と驚きます。

ホテルの支配人がわざわざ部屋にやって来て、明智に挨拶をします。

明智は「ついでに頼みたいことが」と、支配人にあることを頼みました。

明智は宿泊リストを見て、「怪しい利用者はいなかったか?」と聞きます。

 

マリアの元に一人の女性がやって来ます。

マリアは彼女に「座って」と声をかけました。

宿泊者リストを見ていた明智ですが、最近の予約のほとんどは割引プランのあるサイトからでした。

昔では考えられないような客層が、ホテルを利用するようになっていたのです。

「すごいわ茜ちゃん、2人いっぺんにやっつけるなんて」と言うマリア。

茜と呼ばれる女性は、「彼のことまで殺すつもりじゃ」と言います。

 

宿泊者リストを見ていた明智は、何かに気づきました。

「あなたは正しいことをした」と、マリアはワインを注ぎます。

明智は”Mary Magdalene”という予約者が引っかかりました。

マリアが「あなたが私を見つけてしまった」と言っていたのを思い出しました。

 

マリアは私たちは捕まらないから大丈夫と、茜に話します。

「殺さないことより、殺し損ねないことが大事」と言うマリア。

茜が「お金も取らないのになんで殺人を手伝ってくれたんですか?」と聞きます。

茜を見つけた時、ワクワクしたマリア。

殺したい人をすでに殺してしまったマリアは、茜にメッセージを送り殺人を美しく演出したのです。

マリアが手伝った理由はもう一つ、「あの人にもう一度会いたい」と言いました。

生まれ変わった彼女の名前はマグラダのマリア。

これは美食探偵と彼女たちの、身の毛もよだつ殺人ゲームのまだプロローグに過ぎなかったのです。

 

「美食探偵 明智五郎」2話のネタバレあらすじ

美食探偵 明智五郎【2話ネタバレ】

苺は桃子にマリアの事件のことを話します。

そして次に起きたホテルでの殺人事件のことも。

「明智さんの表情が変わった瞬間があったの」と言う苺。

宿泊者リストを見た時、”Mary Magdalene”の名前が引っかかったのです。

 

この女性を接客したホテルマンに、明智は話を聞きます。

外国の方の名前だが、おそらく女性で30代ほどだと言います。

どちらかというと地味な感じで、他はあまり覚えていませんでした。

それを聞いた明智は、届いた絵葉書のことを思い出します。

明智は支配人にルームサービスをお願いし、苺にも「お願いしたいことが」と言います。

 

苺はホテルのスタッフに扮し、厨房に潜入します。

明智はどのタイミングで、誰が毒を入れることができるか知りたかったのです。

フレンチトーストを作る様子を、苺はじっと見ます。

苺は「あれだけ人がいたら、厨房で毒を入れるのは困難です」と報告します。

まだ廊下の方が人目を避けられるかも…

 

毒を入れるふりをした苺はひらめきます。

メイドのふりをして、部屋に持って行く途中で毒を入れたのだと。

しかしフレンチトーストを目の前に、明智は話を聞いてくれません。

「このふんわり優しい味のフレンチトーストでは、シアン化合物が入っていたら一口で吐き出してしまう」と言う明智。

シアン化合物は味が強烈で、口の中に痛みが走るのです。

被害者は自殺か、メニューにない料理を食べたのか…

 

上遠野に電話をしていると、高橋が「分析結果出ました」と報告にやってきます。

バター、卵、牛乳、小麦粉、ラズベリー、キウイ、ミント、りんごだと。

高橋の声は大きく、明智も聞こえていました。

明智のフレンチトーストには、りんごはありません。

フルーツは日替わりなのか、苺にシェフに聞いてくるよう指示を出しました。

 

アダムとイブが禁断の果実を食べた瞬間から、男と女は別々の生き物になってしまった。

「女を傷つける馬鹿な男は、殺してしまえばいい」と、茜に囁くマリア。

不安そうな茜に、「あなたは悪くない、悪いのはこのりんごだから」と。

 

上遠野と高橋は、被害者の自宅を調べていました。

被害者の胃の内容物にあったりんごは、ホテルでは出されていませんでした。

つまりこのりんごは外で持ち込まれたもので、持ち込んだ人間が犯人…

被害者の出身は、青森でした。

上遠野は卒業アルバムを見ていきます。

 

明智は被害者が住んでいた賃貸の情報を得ていました。

金も名誉もない貧しい若者を、何故毒殺なのか。

毒を盛るのは、賢い方法ではないのです。

毒殺の場合必ず司法解剖されるため、足がつきやすいのです。

毒殺を選ぶ犯人は、自分をアピールしたい…

 

高橋は被害者が写っている写真を見つけます。

一緒に殺された女性とは違う、別の女性と写っているものでした。

 

苺は明智に届いた、Mary Magdaleneからの絵葉書を見つけます。

この名前がホテルの宿泊者リストにあったことを思い出します。

なんでこの事件を調べているのか苺が問い詰めていると、男性が訪ねてきます。

彼は明智家の執事で、お母さんが一緒に食事をしたいと言っていると伝えにきたのです。

 

そして苺も一緒に、明智の実家に行きます。

母・寿々栄が「久しぶりね」と明智に声をかけます。

全員がテーブルにつくと、執事が料理を運んできました。

「五郎とどんな関係なの?」と聞かれ、苺は明智が探偵をしていることを言います。

跡取り息子が探偵をしていることを、寿々栄は良く思っていないようです。

 

寿々栄は味オンチで、美食家の明智とは仲が悪いようです。

おじいちゃんが小さい頃から明智を連れ回し、いろいろ食べさせていたことへの不満を漏らします。

すると明智は「あなたにそんなこと言われたくない」と声を荒げました。

苺が驚いていると、執事が寿々栄に電話が来ていることを伝えに来ました。

その電話は嘘で、寿々栄を部屋から出すためでした。

寿々栄は「顔が見れてよかったわ、ありがとう」と言いました。

 

明智は帰ろうとしますが、苺はもう一品だけとチーズフォンデュを食べます。

すると舌を火傷し、苺は痛がります。

その様子を見た明智は何かに気づき、メイドに「りんごをいくつか持って帰りたい」と伝えました。

事務所に戻って来てから、苺はりんごでジャムを作ります。

上遠野たちもやって来て、明智はずっと気になっていたことを話して行きます。

 

なぜ朝食だったのか…

シアン化合物の刺激は、炭酸水に混ぜれば誤魔化すことができます。

それならディナーの方が良いはずです。

ならば朝食じゃないと出せないメニューがあった、それがりんごジャムだと考えたのです。

高橋は「でも甘いジャムじゃバレますよね?」と言います。

舌への刺激をごまかすために、熱い料理に入れたのなら話は別。

 

出来立て熱々のりんごジャムを、明智たちに出します。

すると高橋は「だから舌に火傷の跡があったのか」と言いました。

明智は推理が正しかったと嬉しそうです。

上遠野が運んでいる間に冷めると言うと、明智は部屋で温めるサービスをしたからだと言います。

コックのふりをして被害者にジャムを出すなんてと、上遠野は笑い出します。

 

そして被害者の男には、もう一人付き合ってる彼女がいることを明かします。

「青森の高校時代の同級生、こいつが犯人だ」と。

二股かけられた女が、コックの格好で部屋にやって来て入れるわけがないと明智の推理を否定します。

明智も「犯人はこだわっている、だから朝食を選んだ」と言い返します。

上遠野は高橋に、胃の内容物のりんごをさらに詳しく調べるよう指示を出しました。

上遠野はもし間違っていたら、渋谷のハチ公前で鼻からペペロンチーノを食ってやると。

明智は自分の推理が正しかったら、犯人を今捕まえなければと思っていました。

 

2人は屋台のおでん屋に来ました。

苺は「宿泊者リストのことを刑事さんに言わなくていいんですか?」と明智に言います。

どうやら話すつもりはないようです。

明智は「ホテルの朝食でりんごジャムが出てきたらどう思う?」と苺に聞きます。

苺は今時そこまで喜ばない、「時間的に無理があります」と話します。

りんごの種類によって、ジャムの味が変わると。

りんごによって火の通りが違く、煮る時間が変わるのです。

 

上遠野から電話で、「りんごは加熱された可能性が高い」と報告が。

さらにりんごからシアン化合物の反応も出たのです。

被害者に二股をかけられていた女性が、青森のりんご農家だったこともわかりました。

その女が怪しいと、上遠野は話を聞くことにしたのです。

電話を切った明智は、苺に「マグロは好きか?」と聞きます。

そして今から青森に行くことを決めたのでした。

あの人は魔女が作ったりんごを食べるか、いいえ食べない。

「早く私を追いかけて来て」とマリアはつぶやきました。

 

明智はりんごを売っているお店に行き、「食べたぶんは働け」と言います。

りんごに売っているりんごの種類と、味を覚えるように苺に言いました。

明智に声をかけて来た店員に、「この中で一番ジャムに適しているものは?早く火が通るもので」と聞きます。

店員はまずは作ってみないとと、でもいつも台風で落ちたもので作るから売り物はもったいないと言います。

 

明智たちは茜の家のりんご農園に行き、「りんご狩りをさせてもらえませんか?」と言います。

断られてしまいますが、茜が持っていたカゴのりんごを買いたいと言う明智。

「これは落ちてしまったものなので」と断る茜。

苺がりんごの種類を聞いていると、茜のおじいちゃんが「あかねだよ」と教えてくれます。

タダであげるよと苺にくれますが、茜はおじいちゃんを家に戻ってと連れて行きます。

 

苺は「あかねってあの人と同じ名前なんですね」と気づきました。

明智は彼女が二股されていた人だとわかりました。

りんごジャムを作っていると、おじいちゃんが2人の元にやって来ます。

「孫を訪ねて来たのでは?」と。

本当は東京に彼氏がいるから行きたいんだと、茜のことを話します。

 

おじいちゃんが茜という名前をつけたのは、傷がついても美味しいりんごからでした。

傷つくことはいっぱいあるけど、その人自身は変わらないから。

苺はいろんな種類のりんごジャムを作り、あかねが一番りんごジャムに適しているものだと答えを出しました。

 

茜は東京からちょっと変な人が来たと、マリアにメールを送ります。

そしてりんごの事を聞いてきたと。

マリアは大丈夫、その人は捕まえにきた人ではないと返事を送ります。

だから明智に全てを話すよう伝えました。

「アダムは私に会いたくて、北の街まで来たのね」と嬉しそうなマリア。

 

明智は茜にりんごのお礼を言います。

交際相手が東京で死んだのに、りんご狩りとはのんきですね。

それともまたりんごを届けるのかと。

明智は「ある女性を探していて、何か心当たりありませんか」と尋ねます。

彼女のことを教えて欲しいというと、何も知らないと言われてしまいます。

 

すると明智は、苺が作ったジャムを見せます。

さっきもらったあかねは、果肉がしっかりして煮えるのも早い。

被害者の舌には火傷があったことを話します。

例えば目の前でジャムを作り、それなりの量を食べさせるのに適していたりんごはあかね。

詳しく調べれば、種類も特定できるだろう…

 

茜は「私は捕まらない、殺していない、その女とはあったこともない」と言います。

被害者は犯人を部屋に入れたから、面識がない人のはず。

明智は警察ではないと、「あなたの代わりに人を殺した女を止めたいだけ」と伝えます。

「マリアが彼らを殺したんですね?」と。

否定を続ける茜に、「それでいいんですか」と苺が言います。

 

すると茜は話し出しました。

「ずっと一緒にいようと言ってくれた人が、東京に行った途端あんな」と涙をこぼす茜。

中学生の頃からずっと一緒で、茜が告白して付き合い出しました。

東京の大学に行くことになったが、卒業したら戻ってくると信じていました。

だから茜は、彼のために荷物を送ってあげていました。

その中には手作りのりんごのジャムも。

 

でも彼はすぐに大学を中退し、夜のバイトを始めました。

ある日SNSに彼の投稿に女の人が写っているのを見つけます。

その女が茜の作ったジャムを食べていたのです。

一生懸命作ったりんごなのに…

「その女が食べてた」と茜が涙ながらに話します。

 

その女が食べるために、りんごを煮ていた自分。

きっと彼は母親が作ったとでも言っていただろう。

「だから女を殺してやろうと思って」と茜が言います。

そしたらマリアが毒を入れてくれたと。

 

マリアがホテルの部屋でサーブをしたのでした。

目の前でジャムを作り、隠し味だと毒をジャムに入れたのです。

「このジャムを一生忘れられないくらい美味しくなる粉です」と。

熱々のジャムで毒に気づかず、フレンチトーストを食べてしまった2人。

そして苦しみながら死んでいった…

「そんなに喜んでくれるなんて」と言い残し、マリアはホテルから立ち去ります。

 

茜は彼が絶対にジャムを食べないと思っていました。

なのに食べるなんて…

「私の作ったジャムと同じなのに、私のジャムは食べないのに」と言う茜。

美味しいりんごを、魔女の毒入りりんごに変えてしまったのです。

茜は「私が彼を殺してしまったんです」と話します。

 

「なんで愛していたのに」と言う苺に、「愛していたからです」と茜は言いました。

明智はマリアは今どこにいるのか聞きますが、茜は知りません。

上遠野たちも令状を取り、青森までやって来ました。

そして茜に令状を見せ、事情聴取をと伝えます。

突然の出来事に驚くおじいちゃんを、茜は泣きながら止めました。

 

そして家宅捜索が終わり、苺は連行されます。

明智たちに「今度私が作ったジャム食べてください」と言います。

「最後の晩餐候補に入れておこう」と答えた明智。

 

苺に「茜さん捕まっちゃうんですか?」と聞かれ、「それは無理だろう」と明智が言います。

家宅捜索で毒は見つからないだろうと。

茜はあくまで殺したいと思っただけなのです。

誰かが殺したい相手を、勝手に殺してくれただけ。

その誰かが捕まらない限り、茜は罪にとらわれないから。

苺は「その誰かってマリアのことですね?」と聞きました。

 

明智が事務所に戻ってくると、そこにはマリアがいました。

自分がマリアだと気づいてもらえて喜びます。

「あの日あのホテルで殺人を犯したのも、下の階に僕がいたから」と明智が言います。

どうしてこんなことをするのか。

 

誰だって誰かを殺したい瞬間はあり、妄想で殺している。

「私との違いはそれをするのが妄想か現実か、それだけ」と言うマリア。

今幸せなのは、人を殺せるから…

マリアに禁断の果実を食べさせたのは明智。

「愛してる」とマリアは言います。

明智は「あなたを救いたい」と言うと、マリアは「あなたもこちら側へ来たら一緒に最期の晩餐を食べましょう」と言いました。

「美食探偵 明智五郎」3話のネタバレあらすじ

美食探偵 明智五郎【3話ネタバレ】

ビルの屋上でグルメサイトを見ていた伊藤は、この街の人間はみんな狂ってると思っていました。

苺は桃子と立ち食いフレンチを楽しんでいました。

なんと桃子が明智を呼んでいて、桃子は2人を残して帰っていきます。

立ち食いでフレンチを食べるなんてと、明智は少し不満そうです。

 

伊藤のお店にも、料理が運ばれてくるとすぐに写真を撮り始めるお客さんがいました。

それを見たギャルソンの野中は、伊藤に彼が『ぐるめ大名』ではないかと言います。

それはグルメサイトで有名なレビュアーです。

近くに立ち飲みのフレンチができて客が減っているので、伊藤は気合を入れました。

明智達がお店を出てくると、伊藤のお店の外観を取る男性に気づきました。

事務所に戻ってくると、再びマリアから絵葉書が届いていました。

マリアはパリにいて、パソコンでグルメサイトを見ていたのです。

 

伊藤はグルメサイトで、ぐるめ大名のお店への口コミを調べていました。

味もビジュアルも普通、二度と行きませんと書かれていたのです。

翌日の予約が2件キャンセルになりました。

苺がお弁当の販売を終え片付けていると、救急車が伊藤のお店の前に止まります。

救急車の音を聞きつけ、明智もやってきました。

運ばれている男性を見て、明智は前に店から出てくるところを見た男性だと気づきました。

お店の前に出てきた伊藤を、明智はじっと見つめます。

明智が誰かの死を引き寄せたとしたのなら、それは彼女がまた誰かに微笑んだから…

 

明智は上遠野と高橋を呼び出し、フレンチで起きた事故について情報を聞き出そうとします。

上遠野達は伊藤に、亡くなった男性が店に来た時のことを聞いていきます。

ランチタイムが終わる2時ごろで、ランチコースを注文したと言います。

お腹をすかせていたようで、サーブすると凄い勢いで食べていった。

そしてパンを喉に詰まらせてしまったので、伊藤は水を飲ませようとしたと話します。

パンドカンパーニュが何かわからず、高橋は明智の元に教えてもらいに行きます。

 

事務所にマリからの絵葉書があるのを見つけ、「明智さんも好きなんですか?」と高橋が聞いてきます。

なんとその絵葉書が厨房にもあったのです。

驚いた明智は、男性がなくなった時の状況を高橋から聴き出します。

パンドカンパーニュは普通切って出されるので、喉に詰まらせるとは考えられにくい。

明智は事故ではないと気づきました。

上遠野は事故に居合わせたという女性に話を聞きます。

伊藤達が必死で水を飲ませたが、お客さんは白目を向いていたと言います。

その頃明智はグルメサイトで、伊藤のお店について調べていました。

苺を誘い実際に食べに行くことにしたのです。

 

伊藤はマリアとテレビ電話をしていました。

「今は我慢の時よ、あなたの作るフレンチは東京1よ。もうすぐあの人がくるかもしれない」と言うマリア。

明智が来るのを待っていたのです。

目撃者もいるし伊藤は捕まらないと、マリアは伝えます。

その時野中が飛び込みでお客が来たと呼びにきました。

明智はディナーコースを注文します。

伊藤はマリアの絵葉書を見てから、料理を作り始めました。

パンドカンパーニュが提供されますが、ちゃんと切られていました。

コースを食べ終え、明智はシェフを呼んでもらいます。

「これから先の会話には口を挟むな、ピクリとも表情を動かすな」と、苺に約束させました。

 

伊藤がテーブルにやってきます。

料理を褒めると、伊藤はパリで修行していたお店のレシピをそのまま出していると言います。

そのお店はルーブル美術館の近くだと。

「それで厨房にモナリザのポストカードが」と言う明智。

何かモナリザに思い入れがと尋ねると、「あれは大事な女性からいただいたものです」と伊藤が答えます。

 

それは13年前パリで修行をしていた時、お店にマリアがお客としてやってきました。

まだルーブル美術館に行ったことがないと言う伊藤に、マリアはお土産としてポストカードをプレゼントします。

伊藤はいつか東京で必ずお店を出し、その時は一番に招待するとマリアと約束しました。

「だからこの味は絶対に変えたくなかったんです」と話す伊藤。

「例えば誰かにこの料理の味を否定されたら、あなたはどうしますか」と聞くと、伊藤は「殺します」と答えました。

例えば自家製のパンを口に詰め込んで…

その時動揺した苺は、グラスを落として割ってしまいました。

 

事務所に戻ってきてからも、明智はずっと考えていました。

グルメサイトでぐるめ大名だけが、伊藤のお店に辛い評価をしています。

「そいつだよ、あのレストランで窒息死したの」と明智は言います。

事故があった日から更新がないのです。

店の許可なく料理の写真を撮り、ミシュラン気取りで星をつける人々。

人生をかけた店を潰されそうになった時、その人を許すことができるのか…

 

ぐるめ大名はどのお店に対しても、文句しか書いていません。

怒った料理人は、料理人ならではの方法でぐるめ大名に罠を仕掛けたのです。

他の投稿者の写真と見比べてみると、ぐるめ大名の食器だけ他の人と違ったのでした。

「あの罪深き料理人に、一体どんな殺しのレシピを伝授したのかな」と明智はお店に行くことにしました。

 

明智は美食ライターに変装して、目撃者の女性に事件について話を聞いていきます。

女性は毎日午後2時に野菜をお店に配達していました。

いつものようにお店に入って行くと、客がパンを喉に詰まらせ苦しんでいたのです。

伊藤が水を飲ませようとしていたのだが、苦しんでいた被害者の手が当たり飛んでいきます。

しかし彼女はグラスが割れたかどうなのか、覚えていませんでした。

「その時シェフに怒られたんですよ」と思い出しました。

手伝おうとしたところ、「全部俺がやるから」と言われたのです。

 

明智は苺の元に行き、苺に用意した変装を渡します。

「変装して潜入してほしいところがある」と言う明智。

新人のバイトとして、伊藤のお店に野菜を届ける苺。

明智は苺にガラスのワイングラスを探させます。

プラスチックのグラスが見つからないと苺が言うと、明智はゴミ箱を探すよう伝えます。

しかしゴミは回収された直後で、苺はゴミ収集車を追いかけますが追いつけません。

するとバイクに乗った桃子がやってきて、なんとかゴミ袋を取り戻すことができました。

 

苺が持ち帰ってきたゴミ袋から、プラスチックのワイングラスの破片を探していきます。

しかし出てきません。

苺は昨日自分が割ってしまったグラスが入った紙袋も持って帰ってきていました。

明智はその紙袋から破片を取り出していきます。

「見つけた、透明なガラスのふりをした嘘つきのかけらだ」とつぶやく明智。

 

明智は伊藤に会いにいき、「美味しい料理のお礼にワインをお持ちしました」と言います。

モナリザに乾杯しましょうと、明智はワイングラスを伊藤に渡します。

伊藤がグラスを手にする直前で、明智はグラスを下に落としました。

「いや驚いていない、これをするとみんな驚いて聞いてくるのにな」と言う明智。

なんでワインがこぼれないんだと…

伊藤はマジックで見たことがあると言います。

 

「実はこれ水のものもあるんですよ」と明智は話しました。

そして明智は見つけた破片を伊藤に見せます。

ぐるめ大名を特定するため、他の人とは違う皿で提供。

そして彼にメッセージを送り、タダでランチに招待したのです。

その時ギャルソンにはお使いに行かせていたのか…

伊藤は椅子に被害者を縛り付け、強引にパンを口に詰め込んでいったのです。

「なかなかの演出です」と明智は言います。

普通はこんな面倒で不確実な方法では殺しませんが、この程度で人を殺す女を明智は知っていました。

 

伊藤は「この街の人間は狂ってる」とマリアに、想いを打ち明けていました。

お店は最低ランクのダメフレンチになり、家賃も給料も払えない状況に。

「私の言う通りにすれば大丈夫よ」と、マリアは言ってきます。

この街には死んでもいい人間が星ほどいると話す伊藤。

お店がオープンした頃、明智はお店に料理を食べにきていました。

「僕は悔しい、あなたほどの料理人が悪意に屈してしまったのか」と明智は話します。

マリアにさえ出会わなければ…

 

「なぜ彼女のことを?」と聞かれ、「僕が彼女を生み出してしまったんです」と答える明智。

マリアと出会って、未知の自分が生まれたのではと言われます。

「まさにこの僕がそうだから」と伊藤は話しました。

明智はただマリアにたどり着きたいだけ。

「どうずれば彼女に会える?」と聞くと、「会ってどうする」と言われます。

彼女のことを本当に愛せるのは、この世に何人もいないのかもしれない。

「俺はマリアのしもべだ、あんたとは違う」と言い、伊藤は立ち去りました。

 

明智に会いたいけど、会うのはもっと人を殺してから。

あの人がこの世界に絶望して、初めてあの人のマリアになれる。

でも私は聖母じゃなく、罪深く汚れた女。

「私の名前はマリア・マグラダ」とマリアは言いました。

「美食探偵 明智五郎」4話のネタバレあらすじ

美食探偵 明智五郎【4話ネタバレ】

結婚した時に買った真っ白な冷蔵庫に、いろんな料理でいっぱいにするのが夢。

しかし現実は茶色い料理でいっぱいになっていました。

 

苺は桃子とケーキを食べに行ったお土産に、明智にお土産を持って行きます。

先に高橋がケーキを持って、明智の手伝いに来ていました。

明智が同窓会の幹事になり、まだ返事が来ていない人にメールで確認していたのです。

 

明智の同級生・和宏はトレーダーでした。

あまり仕事がうまくいっていないのか、妻のみどりに厳しく当たります。

また姑から手作り料理がたくさん送られてきますが、みどりはあまり好きな味ではありません。

和宏に「もう送ってくるのは」というと、和食の方が好きだと言われます。

思わず食卓に並べてあった料理を「もう嫌」と床に投げてしまうみどり。

食べ物を無駄にするなと和宏は怒り、「拾って食え」と怒鳴ります。

みどりは泣きながら、床に落ちた煮物を食べたのでした。

 

『食品を毎週送ってくる姑に困っています』

ネットに書き込むと、マリアからわかりますと返事がきます。

よかったら話をしましょうと言われ、マリアとテレビ電話をすることに。

みどりはずっと溜め込んでいた思いを、マリアに打ち明けます。

マリアは「もうあなたのこと愛してないのね、かわいそうに」と言います。

あなたの冷蔵庫もあなたの人生も、台所の生ゴミと同じ…

「すべて冷蔵庫の中のものを捨てなさい、そして次の指示を待ちなさい」と言うマリア。

 

みどりは冷蔵庫の中にあった姑からの料理を、どんどん捨てていきます。

和宏は「なんでこんなひどいことができるんだよ」と怒り、みどりを突き飛ばします。

「大丈夫、これから冷蔵庫に私の手作りの料理がたくさん」とみどりが言うと、離婚を切り出されます。

みどりは包丁を手に取り、和宏を殺してしまいました。

マリアは「冷蔵庫を空っぽにしておいてよかったわね」と言います。

 

明智は同窓会で出席の確認をしていました。

出席とあった和宏がなかなか来ないので、自宅に電話をかけます。

電話がなると「出なくていい」と伊藤が言います。

そして血だらけで死んでいる和宏を見て、「始めるか」と伊藤はつぶやきました。

 

和宏を浴槽まで運び、上からドライアイスをかけます。

「早くしろ、大人の男を解体するんだから2人がかりでしないと」という伊藤。

みどりは無理だとためらいますが、ただの肉の塊だと伊藤はまず首を落としていきます。

明智がインターホンを押しても、誰も出ません。

「何か小骨が引っかかる」とつぶやく明智。

ちょうど宅配業者がきたので、明智も一緒にマンションの中に入ります。

お風呂場では和宏の解体が進んでいました。

部屋のインターホンを押しても誰も出てこないのに、電気メーターと水道メーターが動いています。

明智は何か違和感を感じていました。

 

伊藤はタバコを吸いながら、リビングでマリアとテレビ電話をします。

「24時間いつでもゴミを捨てられるんだ」とマリアは言い、伊藤も「粉砕式だ」と言います。

投入されたゴミは撹拌して乾燥され、回収日まで匂いを漏らさず保管されるのです。

バラバラにしてこの中に捨てれば、誰にもバレずに処分できると…

「私なんかにできるんでしょうか?」と不安そうなみどり。

マリアは「これは自由を手に入れるたの一歩なの」と言います。

 

明智が部屋の前にいると、和宏のお母さんからの荷物を届けに配達業者がやってきました。

その荷物を受け取り、明智はインターホンを鳴らします。

モニターに明智が映り、伊藤は驚いてマリアに画面を見せます。

「信じられない、なんという偶然」と嬉しそうにするマリア。

誰も出てこないので、明智は荷物を持って事務所に戻ります。

そして和宏に荷物を持って帰ったとメールを苺に送ってもらいます。

送られてきた荷物を冷蔵庫にしまうため開けると、手作りの料理でいっぱいでした。

「でもいい迷惑ですよね」と苺が言います。

 

明智にとって姑の料理は、初めて知ったおふくろの味でした。

高校生の頃寮生活なのにお弁当を食べていた和宏に、「自分で作ったのか?」と明智が声をかけます。

学食のご飯が口に合わず、実家から食べ物を送ってもらっていた和宏。

明智は羨ましいと、おふくろの味を知らないと打ち明けます。

すると和宏は「よかったら」と、お弁当を分けてくれました。

 

誰かにとっての善意が、誰かにとっては悪意になってしまう…

和宏からの返信は『おふくろの煮物は君の口に合わないだろうから、捨てといてくれ』と書かれていました。

そのメールを見て明智の中にあった疑惑は確信に変わりました。

伊藤もメールを見て、明智と和宏が同級生だと気づきます。

和宏の文体を真似て、伊藤が返事を送っていたのです。

みどりは解体をしながら、いろいろ幸せだったときのことを思い出し涙が溢れます。

腕を伊藤に任せ、みどりは外に空気を吸いにいきます。

 

マンションの前で待っていた明智たちが、「今日同窓会がありまして」と声をかけました。

明智に昼間に一度来たと言われ、みどりは和宏が体調を崩していてと答えます。

シャワーを浴びていてチャイムに気づかなかったというみどり。

和宏に会えないかというと、みどりにもう寝ているのでと言われます。

「昼間伺った後に、連絡が取れなかった桐谷くんからメールが来ましてね」と話す明智。

ずっと高校生の頃から送ってくれていた料理を捨ててくれというはずがないと…

 

「味の好みが合わないと料理は大変だ」と明智が言います。

幸せになんてなれるわけがないと、みどりは「ずっと我慢してきた」と言います。

明智がすれ違いがあるなら話すべきだと伝えると、「私だってそうしたかった」と声を荒げるみどり。

でも向き合おうとしない相手と、どう向き合えばいいのか。

話も聞いてくれない、目も合わないのに。

「どうすればよかった、過去形ですか?」と明智は、和宏に合わせて欲しいとお願いします。

しかしみどりは断り、コンビニに向かいました。

みどりと明智が話しているのを、伊藤は部屋から見ていました。

 

明智は苺を先に帰し、上遠野たちに令状を取って欲しいとお願いしにいきます。

しかし事件も起きていないのに、令状は取れないと言う上遠野。

「人が一人消えているんです」と明智が言いますが、大人が一日連絡取れないだけでは難しいのです。

何か隠されている、何が起きているのか知りたいのです。

明智が力を貸してくれとお願いしても、上遠野は断ります。

「明智さんが今まで上遠野さんにあんな真剣な顔今まで見せたことありました?」と高橋が言います。

 

苺はみどりを追いかけ、「ちょっと様子が気になっちゃって」と声をかけます。

すると伊藤が苺を誘拐し、和宏のマンションにあった椅子に縛り付けます。

「俺が行かなかったら逃げようとしたんじゃないか」と言う伊藤。

マリアも「あなたのご主人があなたにしたことを思い出して」と話しかけます。

みどりはマリアの言葉に耳を傾けます。

「死体をなくしてしまえばバレない、私が守る」とマリアに言われ、みどりは吹っ切れました。

 

和宏への不満をぶつけながら、解体を進めていきます。

「慣れてきたらだんだん楽しくなってきました」と言うみどり。

その頃気を取り戻した苺は、机の上にスマホを見つけ取ろうと頑張ります。

苺は音声アシスタント機能を起動させることができますが、お風呂場から2人が戻ってきてしまいました。

苺は気を失ったふりをします。

目隠しの間から、冷蔵庫に肉の塊があるのを見てしまいます。

苺はスマホに「明智さんに電話して」と指示しました。

 

みどりは冷蔵庫から肉の塊を持ち出し、ゴミ捨て場に投げ入れます。

落ちていく肉の塊に手を振りました。

苺が涙目になりながら電話が繋がるのを待っていると、「悪い子ね」とマリアの声が聞こえます。

明智と電話が繋がり、苺は必死に状況を伝えようとします。

「驚いたわ、こちらの旦那さん同級生だったのね」とマリアの声が聞こえます。

明智は急いでマンションに向かいます。

伊藤は苺の口にガムテープを貼り、「余計な詮索はするな」と忠告します。

そしてみどりに「仕上げにかかろう」と言いました。

 

解体作業が一通り終わった時、インターホンがなります。

水道の管理会社で、水漏れがあったと下の階から連絡がありましたと言われます。

伊藤は出た方がいいと言い、苺が余計なことを言わないよう包丁で脅します。

みどりがドアを開けると、そこには明智がいました。

慌ててドアを閉めようとしますが、隙間に指を入れます。

「かわいい助手が行方不明で、マンションの前に彼女の車があって」と話す明智。

和宏に会わせて欲しいと伝えますが、みどりは必死にドアを閉めようとします。

 

伊藤はマリアに明智が来たことを伝えます。

「彼を中に入れなければいいだけのことよ」とマリアは言います。

明智が「あなたがマリアに操られているだけだ」と言うと、彼女は助けてくれたと叫びます。

そこに上遠野と高橋もやって来ます。

マリアは「それは面倒ね、じゃあお逃げなさいなシェフ」と言います。

みどりのことは捨てて逃げるよう言うマリア。

 

上遠野たちは明智を住居侵入で逮捕し、調書を作らないとと部屋に上げてもらおうとします。

伊藤はベランダから逃げることにしました。

マリアは苺に「私決めたわ、いつかあなたを明智五郎の目の前で殺す」と言います。

それが嫌なら消えてと…

部屋の中に入ったら上遠野はお風呂を確認し、高橋はみどりから目を離さないよう指示する明智。

明智は部屋に入り、苺を助けます。

 

ベランダへの窓が開き、パソコンにはマリアの部屋が映し出されているのに気づいた明智。

苺は明智に冷蔵庫の中を見るよう言います。

上遠野が中に入っていた肉を手に取り、じっと見てから悲鳴をあげ投げてしまいます。

悲鳴を聞いて高橋が目を離した隙に、みどりは部屋から出てしまいます。

明智が慌ててゴミ捨て場に行きますが、投入口にみどりが飛び込んだ後でした。

 

事務所に戻り、明智の手当てをする苺。

「白状するよ、僕はあの日泣いた」と話す明智。

和宏のお弁当に入っていた煮物を食べた時、「悪くない」と涙を流したのです。

あの日が食事をして初めて泣いた日。

「マリアに何か言われたか?」と苺に聞きます。

苺は「明日のお弁当のおかずはちくわの磯辺揚げにしますね」と言いました。

明智は「探偵失格だ」と自分を責めます。

2人の間には、2人にしかわからないものがあるのでした。

「美食探偵 明智五郎」5話のネタバレあらすじ

美食探偵 明智五郎【5話ネタバレ】

イタリア・ミラノにいるマリアは、明智たちの写真を見ていました。

「さぁ出ていらっしゃい、私に見つけてもらいたい子は誰?」と呟きます。

明智、苺、上遠野。高橋、明智のお母さんの写真が…

そしてマリアは「み〜つけた」と言いました。

 

苺は悩みながらも、明智の事務所の前までやってきました。

「私を助けてくれたのは明智さん、いつもの元気10倍で励まそう」と苺は中に入ります。

姿が見えずキョロキョロしていると、髪はボサボサで髭も生えている明智がいました。

マリアからのポストカードが届いていました。

いつもとは違い最後の晩餐が描かれたものでした。

 

苺は明智を気分転換にと外に連れ出します。

苺柄のワンピースに苺が飛びついていると、上遠野と娘の小春と遭遇します。

上遠野は高橋から電話で呼び出され、小春に明智の事務所で待つように伝えました。

苺たちを離れた場所から伊藤が見ていました。

 

事務所に戻ってきても、明智の元気は戻りません。

苺は2人にサラダを作ります。

明智は「悪くない」、小春も「美味しい」と言ってくれて苺は嬉しくなります。

テーブルに足をぶつけてしまい、小春の手にミルクティーがかかってしまいました。

小春は急いで手を洗い流します。

 

上遠野たちは急いで事務所に来ますが、小春は帰った後でした。

「小春変わったとこ無かったか?いつもと様子が違う気がしたんだが」と上遠野が聞きます。

高橋が「彼氏ができたとか?」と言うと、上遠野は高橋に銃を向けます。

一緒に暮らせない上遠野は、娘の成長を全て見れないことが寂しいのでした。

明智は上遠野からの小春の身辺調査を断りますが、苺がその依頼を受けることにしました。

 

苺は変装してこっそり小春の様子を見守ります。

給食の時間で男子からプリンをもらっていました。

「身辺調査くらいなら私でもなんとかなるもんですね」と言う苺。

明智は「それはどうかな、君にはまだ探偵は務まりそうもない」と言います。

苺の話を聞き、小春が乳製品アレルギーだと思いました。

男子はなぜプリンをあげたのか、もしかしていじめかと苺は思います。

明智はまだ断定するには早いと言いつつも、上遠野に報告するにはまだ早いと思っていました。

 

苺が学校に潜入していると、男子たちが小春にちょっかいを出し突き飛ばしたのを見てしまいます。

「ちょっとあんたたちひどいじゃない」と苺が駆け寄ります。

苺が男子たちと揉めている間に、一人の男子が小春の服の中にチーズを入れました。

そこに明智が駆けつけ、応急処置をします。

クラスメイトたちが逃げていく中、一人の女の子は小春を心配していました。

 

上遠野は病院に駆けつけ、そこで小春の乳製品アレルギーを知りました。

元妻に「そんな大事なことなんで言わないんだ」と上遠野は言います。

でも忙しくて話を聞こうとしなかったのは上遠野だと言われてしまいます。

それを小春もわかっているから相談とかしないんだと。

上遠野が病室に戻ってくると、小春がいじめられていることを秘密にするよう明智たちに言っているのを聞いてしまいます。

両親が別れたもの自分のせいだと小春は思っていました。

「いじめられていると知ったら…これ以上心配かけたくない」と言う小春。

 

明智たちが帰ろうとしていると、あの時いた女の子を見つけます。

「君はあの時いた、僕は探偵でね一度見た顔は忘れないんだ」と声をかけます。

帰ろうとする女の子に、苺が「小春ちゃんが心配できたんだよね?」と聞きます。

 

クラスの女子のグループラインには、みんなが遊んだ時の写真が投稿されていました。

『小春ちゃんも来ればよかったのに』『アレルギーじゃ来ても楽しくないよ』『どうせ学校こないし平気だよ』

それを見た小春は『死にたい』とSNSに投稿しました。

するとマリアから良かったらお話ししましょうと返事が届きます。

添付されていたURLを押すと、マリアとテレビ電話が繋がりました。

 

事務所に小春のクラスメイトがやって来ました。

「小春ちゃんの具合…」と言うので、苺は会いに行って見ればと言います。

すると女の子は「そんなことしたら私も」と言うので、「いじめられるのか?」と明智が尋ねます。

1学期まではみんなと仲良くしていた小春。

2学期からは臨時で金木先生が担任になりました。

小春はアレルギーで給食を残すこともありました。

「あなたのはアレルギーじゃなくて好き嫌い」と先生が言ったのです。

それがきっかけで、小春をいじってもいいと言う流れができてしまったのです。

 

そのことをマリアに打ち明けた小春。

マリアは「一人で死んじゃうなんてもったいない」と言います。

小春の人生を奪っておいて、クラスメイトはこれからも生きていくのなんて許せないと…

「あなたを苦しめた裏切者たち、全員を道連れにしてやるのよ」と言うマリア。

先生もクラスメイトも殺すようにマリアは言います。

決行は明日で、小春には何もしなくていいと伝えました。

 

苺は小春のことが気になり、連絡をすることにします。

その時クルックーにプリマヴェーラと苺がいい、明智はマリアから届いたポストカードを思い出しました。

『かわいいプリマヴェーラは最後の晩餐になにを食べるのかしら』

プリマヴェーラが小春のことだと気付いた明智。

明智は自分の周りにいる人間が狙われていると思います。

 

エアメールが1週間前に届いていたのに、明智は教えてくれませんでした。

「私がどんな気持ちでここにいるか分かりますか?」と苺は声を荒げます。

明智はマリアのことになると10倍活力が湧くようです。

「マリアは特別な存在なんだ」と言う明智。

苺は「好きにしてください」と言い、事務所から飛び出します。

 

上遠野が事務所にやって来て、小春からのメッセージを明智に見せます。

『パパ心配かけてごめんね、今までありがとう』

明智は上遠野に「遺書のようにしか見えない」と伝えます。

すると高橋が事件が起きたと呼びに来たので、明智は任せてくれと言いました。

小春の家を訪ね、明智は「具合は良くなったかい?」と聞きます。

明日は登校すると言う小春に、「マリアだな?」と明智は言います。

マリアが何をしようとしているのか教えて欲しいと伝えます。

小春は「マリアなんて知らない」と言います。

明智は帰り際に「君のことを心配している人がたくさんいることを忘れないで」と伝えました。

 

苺が何度も連絡をしても、小春からの返事はありません。

昨夜ちょうど桃子から連絡があり、明智は桃子を小学校に潜入させます。

「約束してもらえます?今後苺を危険な目に合わせないって」と桃子が言います。

桃子は給食の匂いをチェックし、異常がないことを明智に伝えます。

明智からここで怪しい人をチェックするよう言われますが、マスクなどをしていて見分けるのは難しそうです。

その時すでに茜がいたのでした。

 

小春のことが心配な苺から電話があり、「マリアは最後の給食を計画しているようだ」と明智が言います。

苺は何かできることがあればと言うので、優秀な助手がいると明智は話します。

その時明智の前を伊藤が車で通ります。

明智は車を追いかけ、「久しぶりだね」と声をかけました。

伊藤が走って逃げ出すので、明智も後を追いかけます。

 

体育館の倉庫の中にパソコンを見つけ、明智は近づきます。

「ようこそマリアの部屋へ」と言う伊藤はナイフを手にしていて、携帯を取り上げられます。

マリアは「落ち込んでたみたいだから、元気付ける方法を考えたのよ」と言います。

もうすぐ最後の晩餐を告げるチャイムがなると、伊藤に合図を出すマリア。

すると伊藤は倉庫の入り口に鍵をかけました。

「彼が毒を仕込むのか?」と明智が聞くと、「私の手足となるのはシェフだけじゃないのよ」と言いました。

桃子の頭を茜はフライパンで殴り、「ごめんね」とつぶやきました。

 

「明智さん、2人でメインディッシュが出来上がるのを待ちましょう」と言うマリア。

こんなことをいつまで続けるのか聞くと、「この世界で私たち2人きりになるまで」とマリアが答えます。

マリアはその過程を楽しむことに決めたのでした。

明智はこんなことをやめるよう説得した時、チャイムが鳴り響きます。

「ゲームオーバーだ」とシェフが言いました。

 

「弱い子を傷つけるバカなクラスメイトは死んでいいの」と、茜は毒をカレーに混入します。

そのカレーは配膳されていきます。

苺も学校へ向かっていました。

伊藤は「そろそろ阿鼻叫喚のショーが始まる頃だ」と鍵を開けます。

明智に「みんなあんたと関わりがあったばかりに死んでいくんだぜ」と言いました。

 

給食が教室に届き、小春はじっと見つめます。

配膳が終わり、みんながカレーを食べ始めました。

クラスメイトや先生が苦しみ出すのを想像した小春は「ダメ」と叫びます。

給食には毒が入っているから食べないでと訴えても、皆は信じてくれません。

小春が「ダメなんです」と必死に言っても、先生は「いい加減にしなさい」と怒鳴ります。

小春が涙目で周りを見渡すと、皆カレーを食べてしまっています。

 

その時上遠野が教室に飛び込んできて、みんなにカレーを吐き出させようとします。

「何者かがこのクラスの給食に毒を混入した可能性がある」と上遠野が言っても、誰も信じようとしません。

明智が「彼の言っていることは本当だ」と皆に説明をしていきます。

もし毒を摂取したらどんな症状が出るか説明をし、「最後は呼吸不全で死に至る」と伝えます。

それはアレルギーを摂取した時と似た症状。

さすがに先生も信じたようで、クラスメイトたちも慌てだします。

 

小春の服にチーズを入れた男の子が「ちょっとからかっただけじゃん」と叫びます。

明智はアレルギーがある人がどれだけ苦労しているのかと怒ります。

「それを身をもって知るいい機会だ」と明智は言います。

明智はカレーを一口食べ「僕の好みは塩をもうひとつまみかな」とつぶやきました。

すると苺が教室にやってきて、「皆さんが食べてる給食は5年2組のなんです」と話します。

苺は給食すり替え作戦を、桃子から聞いたのでした。

 

小春は「よかった」と泣きます。

すると事務所に来てくれた女の子が、小春に抱きつき謝りました。

「こんなことして許されないわよ」と怒る先生に、明智は「あなたの給食ハラスメントから始まったようですが」と言います。

毒物を食べさせようとしていることと変わらないのです。

上遠野はみんなに怖い思いをさせたことを謝りました。

 

上遠野は今まで言えなかったことを小春に打ち明け、謝りました。

「これからはもっと小春と向き合う」と言う上遠野。

「事件の現場にいてもすぐ来てくれる?」と聞かれ、上遠野は言葉を詰まらせます。

でもその場しのぎの嘘がつけないところが良いところなのかもしれないと小春は思いました。

「そうママが言ってた」と小春は言います。

 

伊藤と茜はマリアに謝ります。

「謝ることなんてないのよ」と言うマリア。

初めてマリアの計画を止めることができた明智。

「でも確実にマリアはそばに来ている」と明智は言います、

そしてまだ苺の質問に答えていなかったと明智が言うので、それはもういいと苺がごまかします。

「心配はいらない、僕は自分の身を自分で守る。君のことも僕が守る」と明智は答えました。

マリアは明智に元気を出してほしくて、わざと勝たせたのです。

「あの人も本当の自分に気づき始めているはず」と言うマリア。

もう少しで2人はアダムとイブになれるから…

「美食探偵 明智五郎」6話のネタバレあらすじ

美食探偵 明智五郎【6話ネタバレ】

フランスにいるマリアは、ある男性から声をかけられます。

その男性には扇谷百貨店のバッジをつけているのに気づきます。

一緒に食事をするマリア。

彼は百貨店の役員・伊達で、マリアは食事に睡眠薬を混入し眠らせます。

そして伊達のパソコンから『明智五郎のお見合いの件』というメールを見つけたマリア。

「まぁひどい、虫除けが必要ね」とつぶやきました。

 

苺はお弁当を届けに事務所にやってきますが、ちょうど高橋とタイミングが重なります。

入り口でもめていると、明智に「騒がしいぞ」と怒られてしまいました。

事務所には明智のお母さん・寿々栄と弟・六郎が来ていました。

寿々栄たちが明智にお見合いの話をしにきていたのです。

お見合い相手の社長令嬢の写真を見せる寿々栄。

明智も六郎も、お見合いには乗り気ではありません。

「いいこと考えちゃった、2人でお見合いに出なさい」と言い出す寿々栄。

明智は断りますが、会場が高級料亭だとわかり「楽しみにしておこう」と答えました。

 

それぞれの思いが交錯する中、明智家のお見合いに血の匂いを漂わせるのは…

マリアはビルの屋上で、茜と伊藤と食事を楽しんでいました。

「どうやって?」と伊藤に聞かれ、「簡単よ、殺しちゃえばいいの」と答えるマリア。

 

お見合いの日、苺に会場まで送ってもらった明智。

六郎はまだ来ていないようでした。

寿々栄は苺をみて、「ひらめき」と嬉しそうに言います。

苺に六郎のふりをさせ、お見合いに出てもらうことにしたのでした。

お見合いが始まり、隣の部屋から高橋は様子を伺います。

上遠野も一緒に壁に耳を当てていると、中居に変装したマリアがお茶を運んできました。

上遠野たちは、こっそりと様子を覗いていました。

 

厨房に潜入した伊藤。

伊藤が作った料理を、中居のふりをした茜が明智たちの元に配膳します。

明智は運ばれてきた料理を見ていて、茜に気づきません。

料理の匂いを嗅ぎ、「ちょっといいかな」と茜に声をかけます。

その時六郎が部屋に飛び込んできました。

騒ぎになっている間に、茜は部屋から出て行きます。

我慢できなくなった高橋も、見合い会場に突撃してしまいます。

 

お見合い相手が部屋から出て行ってしまいました。

苺が寿々栄に謝ると、「五郎には早く結婚をして欲しいの」と言います。

明智は変人で、もし自分とぴったり波長の合う相手と会ってしまったら…

とんでもない世界に行ってしまうかもしれない。

その前に結婚をして欲しいと、寿々栄は思っていたのです。

「あの子好きな人いる?」と寿々栄に聞かれ、苺はマリアのことが浮かびますがごまかしました。

 

明智は紗英に事情を説明していると、目の前をマリアが通り過ぎていくのに気づきました。

急いで後を追いかけようとしますが、突然紗英が苦しみ出します。

騒ぎを聞きつけた上遠野たちに、「料亭にいる人間を一人も外に出すな」と明智が指示を出しました。

上遠野たちは見合いの関係者を部屋に集め、紗英が亡くなったことを伝えます。

 

出された料理の中にフグ料理がありました。

明智は「フグ毒の症状だ、これは事故死に見せかけた殺人だ」と話します。

この料亭では毒を抜かれたフグを仕入れていました。

もし被害者の胃の内容物からフグの毒が検出されたら…

明智は料理を見て、「やはりそうか」と呟きます。

厨房に行きゴミ箱からフグを見つけますが、内臓もヒレもありません。

調理したのは誰か聞きますが、今はいないと言われます。

板前も中居もそれぞれ一人、先月から入った新人の姿が見当たらないと。

 

紗英の死はもしかしたら事故なのかもしれない。

エビアレルギー用の明智の膳が、なぜか紗英の元にあったのです。

明智のアレルギーを伝え忘れるとは考えにくい。

「じゃあ犯人は明智さんを殺そうと」と苺は驚きます。

桃子は「まさかまた裏にマリアがいるんじゃ…」と明智に問いかけます。

そして桃子に苺を任せ、明智はどこかへ向かいました。

桃子と一緒に帰ろうとしますが、何かを見つけ苺は料亭に戻って行きます。

 

「何かお探しかしら?やっと会えたわね」と明智に声を掛けるマリア。

マリアは明智を殺そうとはしていないと言います。

殺そうとしていた人はいるけど「犯人は私ではない」というマリア。

明智は何かに気づきます。

マリアは「ここからはあなたの仕事、頑張ってね」と言い、立ち去って行きます。

その時苺はマリアがあの時の依頼人だったことに気づきました。

 

「あなたがマリアだったの」と苺が言います。

マリアは不機嫌そうに「彼の前から消えてって言ったはずよ」と言います。

それでも苺は助手だと負けません。

「なら彼のためなら命も惜しくないか、じゃあせいぜい探偵さんを守るのね」とマリアは言いました。

そこに明智がやってきます。

苺は明智に伊達が秘書と話していることを伝えにきていたのです。

すると六郎は明智にスマホの画面を見せます。

そこにはフグ毒で亡くなったと紗英のことがニュースになっていますが、かなり派手な姿の紗英の写真が。

「この人伊達ちゃんの」と六郎が言います。

明智は「なるほど」と言い、苺たちにある頼みをします。

 

苺と桃子は伊達の前で、わざと大きな声で明智が証拠を掴んだと話しました。

伊達は明智に一服しませんかと、部屋に誘います。

明智が紗英とどんな関係なのか聞くと、伊達は取引先の令嬢だと言います。

「そういえば鑑識の結果が出ました」と明智が話します。

消えた従業員のことを、伊達に知っていたのではと問います。

苺が「板前と中居が裏切った、絶対逃がすな」と、伊達が言っているのを聞いたと話します。

 

ごまかす伊達に、さっきのは六郎の見間違いかと明智は言います。

六郎はさっきのニュースの画面を見せ、「この人伊達ちゃんの彼女だよね?」と伊達に聞きます。

何度か2人が一緒にいるところを見たことがあったのです。

母の気まぐれで六郎もお見合いに出ることを知り、伊達はわざと六郎を酔い潰して来ないようにしていたのです。

「あなたは後継者候補である僕を殺そうとした」と話す明智。

おそらく六郎に跡を継がせ、実権を握る作戦だったのだろう。

 

紗英をお見合い相手として利用し、板前たちを買収し明智の料理に毒を混入させた。

しかし配膳の前に茜が毒の入っている印を、別の膳に移した。

マリアは命を狙われていた明智を救ったのだ。

「証拠を出してください」という伊達に、今目の前にある伊達が入れたコーヒーから毒が検出されればと明智が言います。

「憶測だとおっしゃるなら、今ここでこれを一口飲んでいただけませんか?」と明智がカップを差し出します。

伊達は明智の手を振り払い、部屋から逃げ出します。

 

苺に帰るよういい、明智は一人でどこかへ向かいました。

しかし廊下で男たちに襲われてしまい、目をさますとどこか倉庫のようでした。

そこに伊達がやってきます。

「おとなしく死んでくれればこんなことしなくてよかったんです」と言い、伊達は灯油を巻き始めます。

ずっと明智のことが大嫌いだった伊達。

ついに正体を現しました。

 

伊達は灯油の中にライターを落とし、火をつけます。

明智は昔伊達が蕎麦屋に連れて行ってくれた思い出を話し出します。

「あの時のあなたの笑顔がカッコよくて、よく覚えています」と話す明智。

そして「ありがとう」と伝えました。

伊達は倉庫から出て行きます。

明智は手を柱に縛り付けられ、逃げ出せません。

 

苺が帰らずに明智を心配していると、伊達たちが走って逃げていくのを見つけました。

急いで行くと、燃えている小屋の中に明智がいるのに気づきます。

苺は扉を開け助けようとしますが、「助手なら僕のいうことを聞け」と明智は叫びます。

「私は愛する人のためなら迷わず命を捧げるわ」とマリアがやってきました。

マリアは炎に恐れず、明智に近づいて行きます。

 

明智の手の縄を解いていくマリア。

「一瞬でも君が企てたと思ってしまった」と謝る明智。

マリアは「最後の晩餐を食べるまで私たちは生き続ける」と言います。

そして2人は燃え盛る炎の中でキスをしました。

苺は小屋の入り口でただ見ていることしかできません。

 

マリアは明智を小屋から助け出します。

「あなたは気にやむことないわ」と苺に言います。

愛する人の命よりも、自分の命の方が大事なのはよくあることだから…

そして苺の顔に触れ、マリアは立ち去りました。

苺は涙をこらえきれませんでした。

 

マリアは伊達に「少し落ち着いた?」と声をかけます。

もらった名刺に電話したらただならぬ雰囲気だったからと話すマリア。

マリアからサラダを食べさせてもらった伊達は。、苦しみ出し倒れます。

倒れた伊達の顔を踏みつけ、「これからなんてないのよ、私の愛する人を殺そうとする人なんかに」とマリアは言います。

伊藤たちは伊達の秘書を片付けました。

マリアはただ愛する人との未来を守りたくて、そのためなら手段を選ばないだけ…

 

苺はマリアにかなわないと痛感しました。

どうしてあの人がマリアだと隠していたのか。

「私死ぬのが怖くて」と涙ながらに話す苺。

明智を助けに行けなかったと、助手失格だと苺は言います。

「君には君にしかない存在理由がある」と明智は話します。

美味しい料理を作れる人間には常にそばにいてほしい。

どうしてこういう時にそういう人なのか、「もう嫌」と泣く苺。

明智は何も言えませんでした。

「美食探偵 明智五郎」7話のネタバレあらすじ

美食探偵 明智五郎【7話ネタバレ】

ファンの前でライブをする地下アイドル“爆音エンジェルズ”。

そのメンバー・ココをまっすぐ見つめる田畑という男がいました。

私の背中に真っ白な羽が見えますか?その羽は誰にも奪えない…

ここはルシファーという名前のSNSアカウントを見ていました。

『今日ライブの出待ちで会えなかったから、今外を見てごらん』とメッセージが届きます。

ココがカーテンの隙間から外を見ると、田畑がじっと部屋を見ていました。

 

苺は桃子とお好み焼きを食べています。

「結局男はマリアみたいな女に惹かれるのかしらね」という桃子。

苺は今後、明智と料理人として接するつもりでした。

そこにココがやってきます。

 

ココは苺の高校の時の同級生で、明智にある相談をしに来たのです。

来週もライブがあって、ストーカーから守って欲しいとお願いするココ。

親には地下アイドルをやってることは内緒で、警察には相談できないのです。

バイト先に田畑が来た時、ついココは「この前ライブに来てくれましたよね?」と声をかけてしまいました。

それ以来毎週ライブに来るようになったのです。

田畑にとって手の届かない天使から、手の届く女の子になってしまったのでした。

 

家に帰ったココが外を見ると、田畑はいなくてほっとします。

しかしインターホンが鳴り恐る恐る覗くと、そこには田畑が…

「寝てるんだね、おやすみ」と笑いながら、田畑は帰って行きました。

その傲慢な男は、真っ白な天使の羽をむしり取ろうとしていました。

 

ココたちのライブを、明智と苺は見守っていました。

するとライブ会場に上遠野と高橋がいました。

上遠野は熱心なファンで、メンバーも認識してくれるほど。

ライブ後にファンと交流しながら物販をしていると、田畑が今日もやってきます。

差し入れのお菓子をプレゼントされ、ココはお礼を伝え「またね」と会話を終わらせようとします。

しかし田畑は「今食べてよ」と言い出しました。

明智がCDを20枚買うと、ココをストーカーから離します。

すると田畑は明智の写真を撮り帰って行きました。

 

楽屋に戻ったココは、明智にライブの時以外も守って欲しいとお願いします。

メンバーからもお願いされ、苺は明智に今までのツケを見せます。

「私に借りがありますよね?このツケの代わりにココちゃんの依頼を受けてください」とお願いします。

この依頼に興味を持ったのは、大事な助手がお願いしてきたから。

機嫌を損ねて料理を作ってくれなくなったらと思って、明智は依頼を受けたのでした。

そして明智の探偵事務所で、ココたちは過ごすことになりました。

苺は明智にお礼を言い、「私のことを大切な料理人と言ってくれて光栄です」と伝えます。

 

苺が作ったナポリタンオムレツをみんなで食べます。

明智はココの拳にケガがあることに気づきました。

次のライブでちょっと有名なプロデューサーが見に来る予定で、今は頑張らなきゃいけない時なのです。

ココは目を覚まし、トイレへ行きます。

「おそらく君の友達は拒食症だ」と、吐きダコがあることを苺に伝える明智。

人前に立つことがココにとって、強烈なプレッシャーになっているようでした。

 

さっき食事の時にメンバーがアップした写真を見た田畑から『見つけた』とメッセージが届きます。

ココの瞳に映り込んだ明智に気づいたいたのです。

トイレから出てこいたココに、苺は「大丈夫?」と声をかけます。

「明智さんのこと好きなんだね」とココは気づいていました。

すると少し出かけていた明智が戻ってきます。

ココと明智は天使の絵画の話から、マリアから届くポストカードの話をしました。

 

その後ココはマリアから届くポストカードのことが気になり、ネットで検索してみます。

マリアと伊藤、そして茜はビルの屋上から、明智たちの様子を覗いていました。

「口にして実行することができないかわいそうな人が、この世界にはあふれている」と言うマリア。

ココにマリアからメッセージが届きました。

そして添付されたリンクをラップすると、マリアとテレビ電話がつながります。

「怖がらないで、あなたは誰を殺したいの?」とマリアが訪ねます。

驚いたココは電話を切ってしまいました。

 

翌日田畑に注意したひな。

すると怒った田畑はひなを階段から突き飛ばし、骨折をしてしまいました。

「これは立派な殺人未遂事件だ」と明智が言います。

絶対に武道館に立つことを誓った3人は、強い決意がありここで諦めるわけにはいかないのです。

「命と夢どっちが大事なの?」と苺が言うと、「アイドル諦めるなら生きていても意味がない」とココが言いました。

 

ココはマリアに連絡をします。

「早く退治しないと羽がむしりとられてしまう、するともう二度と飛べない」とマリアが言います。

そしてココの前に姿を現しました。

マリアは「殺しましょう、ステージで輝くために」と言います。

たった一人のモンスターのせいで、夢が壊されるのは許されない。

「可愛い天使ちゃん、相手が一番喜ぶ方法で天国へ連れて行ってあげましょう」とマリアは言いました。

 

ココは苺に料理を教えてもらいます。

「実は高校の時、モデルを頑張っているココちゃんを見て料理人を目指したんだ」と話す苺。

田畑からメッセージが届き、その内容にココは恐怖を感じます。

ココの部屋の中で撮られた自撮りが…

「エスカレートしているな」と明智はいいます。

 

ココはこっちに来るか、茜は呟きます。

殺したい相手を殺すだけで、心が自由になると茜はココに教えてあげたいと思っていました。

マリアは茜にあるものをリクエストしていました。

そのままだと痛んでしまうため、伊藤がそれをオイル漬けにしていました。

そのリンゴを”彼女”がココに届ける流れになっています。

「こんな楽しい家族ができたの初めて」と嬉しそうなマリア。

伊藤と茜も笑っていました。

 

ひなが退院し、みんなでお祝いします。

「愛するあの人も今頃お食事中かしら?」とマリアは明智のことを考えます。

天使に囲まれてずいぶん楽しい晩餐でしょう。

でもその中に一人だけ堕天使が紛れている…

ココにマリアから『深夜2時、玄関の前に置いておくわ』と連絡がきました。

時間になりココのもとへ、マリアからプレゼントが届きます。

それを運んでいたのはみどりでした。

紙袋の中にはポストカードがあり、『楽園は自分の手で守って』と書かれていました。

 

翌日苺がみんなを起こすと、ココの姿がありません。

忘れ物をとってからライブ会場に行くと、ココから連絡がきていました。

明智は「彼女に電話を」と苺に言います。

なぜ一人で出かけたんだと明智に言われ、ココは「ライブまでには戻ります」と言い電話を切ります。

ココはマリアに言われた通り、天使のままモンスター退治へ向かっていました。

 

田端を呼び出したココは、「頑張って作ったんで食べてください」とタッパーを渡します。

中身はナポリタンで、田畑は喜んで食べようとしますが突然手を止めます。

「毒入ってたりして?」と言われ、ココの顔が強張ります。

ココは泣きそうなふりをして、「頑張って作ったのに」とつぶやきます。

仲直りしようと田畑が手を広げ、ココはその腕中へ…

そしてココは「あーん」と田畑にナポリタンを食べさせました。

 

無事に会場にきたココに、苺たちは安心します。

今日はまだ来ていない田畑。

「ココちゃんいつもと雰囲気違いませんか?」と苺が言います。

リハーサル中に田畑がやって来ました。

ココは「私の背中に羽が見えますか?この羽で羽ばたくの」と言います。

「堕天使は今日傲慢なモンスターを、楽園から追放します」と話すココ。

明智は「まさか」と、マリアが関わっていることに気づきました。

 

そして田畑が倒れ、明智はココを見ます。

ライブに来ていた上遠野たちが、騒ぎを聞きつけ会場にやって来ます。

明智は田畑の吐瀉物を鑑識に回すよう指示しました。

ココは田畑をじっと見ていました。

 

明智は気付けなかった自分を責めていました。

上遠野は明智に「あの男がなぜ毒を飲まされたと思ったのか、詳しく話を聞かせてもらおうか」と言います。

看護師の姿をしたみどりは、マリアに「北病棟の一階です」と伝えました。

「美食探偵 明智五郎」8話のネタバレあらすじ

美食探偵 明智五郎【8話ネタバレ】

田畑について話を聞かれる明智。

SNSで明智について田畑が投稿しているのを、上遠野も見つけていました。

「血液の分析結果が出ました、吐瀉物の結果も出て特に異常はありませんでした」と報告する高橋。

それを聞いた明智は、田畑が倒れたときのことを思い出します。

明智たちが病院から出ていくと、みどりが動き出しました。

 

そのまま待っていた車に乗り込むみどり。

「2人のご活躍はマリアさんから聞いてます、どうぞよろしくお願いします」とみどりは茜たちに挨拶します。

昨日はワクワクして寝られなかったとみどりが言うと、伊藤と茜は笑いました。

 

明智が事務所に戻ると、苺が待っていました。

「意識はないが生きてる」と明智が伝えると、苺はココが何もしていなかったんだと安心します。

それは思い過ごしではないと言う明智。

ココの中で何かが目覚めさせられたとしたら…

 

明智は昨日ココが苺と一緒に料理をしていたのを思い出し、台所に怪しいものはないか探し始めます。

ゴミ箱の中からビンが見つかりますが、それは苺のものではありません。

ビンの匂いを嗅いだ後、排水口からマッシュルームを見つけます。

明智は苺に事務所で待つよう伝え、どこかに出かけて行きました。

 

田畑が意識を取り戻し容体が安定していると看護師が話している時、看護師の姿をしたマリアがすぐそばにいました。

そして田畑の病室に行き、「田畑さん起きてください、ココさんが心配していますよ」と声をかけます。

明智が病室に行くと、ベッドから田畑の姿が消えていました。

「遅かったか」と言うと、マリアが姿を表します。

その頃田畑はマリアファミリーの車に乗り、どこかへ移動していました。

 

明智が「どこに連れて行った」と言うと、マリアは「なんのことかしら」と言います。

台所見つかったキノコが毒キノコだと気付いた明智は、田畑をどこに連れて行ったのか聞きます。

そんなに必死なのは苺のためなのかと、「あのお弁当屋さんのためにそんな必死な顔してすごい嫌」と不満なマリア。

「次に殺すのはあのお弁当屋のお嬢さん。あなたの目の前でね」とマリアは楽しそうに言いました。

 

一人で事務所で待っていた苺は、ココのことが気になって仕方がありません。

明智が戻ってきて、苺は「本当のことが知りたい」と伝えます。

「真実を知る覚悟はあるか?」と言われ、苺は首を縦に振りました。

ココを事務所に呼び、3人で話をします。

「昨日のリハーサルの前どこにいたの?ストーカーを殺そうとしたの?」と苺が聞きます。

毒入りのパスタを食べさせたと答えるココ。

 

排水溝に残っていたキノコをみせ、明智はどんなキノコなのか説明します。

摂取してから数時間で中毒症状が起きるが、1日程度で症状は治る。

そして7日後に血を大量に吐き、激痛に悶えながら死を迎えるのです。

「彼はもう死を待つしかない」と明智は言います。

全てマリアの意のまま…

 

田畑はこのままどこかに匿われ、死んだら遺体を処分されるだろう。

遺体がなければ事件は明るみに出ません。

「これだけは覚えておいてくれ、君は人を殺した。それでも天使のふりをするつもりか」と言う明智。

苺は警察に行こうと言いますが、ココは「人殺しがアイドルをしちゃダメって誰が決めたの?」と言います。

本当に助けてくれたのは苺ではなく、マリアだと言い帰って行きました。

ココはもうこの世界にはいないと明智に言われ、苺は泣き崩れます。

 

田畑は森の中にある小屋に連れてこられていました。

ココは7日後にここに来る、アイドルをやめてここで暮らすつもりだと伊藤が言います。

7日間か伊藤たちがお世話をすることになっていました。

「皆さんはココニャンの?」と田畑が言うと、「みんな兄弟だ」と伊藤が答えました。

 

苺がキッチンカーで弁当の販売をしていると、明智が作った磯辺揚げを持って来ます。

以前苺を守ると約束した明智。

「マリアが僕にはっきり言った。僕の目の前で君を殺すと」と明智が言います。

苺は前にマリアから言われたと明かしました。

明智は「僕の事務所で一緒に暮らさないか」と提案します。

 

それは2人きりではなく、事情を聞いた桃子も一緒に。

暇すぎて食材の買い出しに行こうとしても、心配な明智は自分が買いに行くと言います。

苺デリもずっと見守っていられないと、営業を止めるように言われました。

 

前は明智から離れろと言った桃子ですが、明智の態度を見て前言撤回することに。

「思い切って気持ち伝えちゃえば」と言われ、苺は「絶対無理、明智さんにそんな気持ちないもん」と言います。

なんとか明智からランチの営業は許してもらえました。

苺がお弁当の販売をしていると、昨日も来てくれたおばあさんが今日も来ました。

「なんだかすっかり気に入っちゃって」と言ってもらえて、苺はテンションが上がります。

 

看板にケータリングと書かれているのに気づき、週末に6人ほどのパーティーをやるからと相談されます。

楽しそうな苺の姿を、明智は少し離れた場所から見ていました。

そのおばあさんがずっと手袋をしているのが気になります。

車に乗り込んだおばあさんが手袋を取ると、真っ赤なネイルをしていました。

「頭振ったらカラカラなりそうなお嬢さんね」と、それは変装していたマリアでした。

 

ケータリングを明智に反対されてしまいます。

「私は誰かに自分の料理を食べてもらえて、喜んでもらえたら嬉しいだけなんです」と言う苺。

それでも明智に反対され、苺はふてくされてしまいました。

 

メンバーからココがいないと連絡を受け、明智はライブ会場を訪れます。

「やっぱりマリアって人と関係あるんですか?」と言われます。

今日は7日目だからマリアに会いに行くと、ココに言われていました。

今回の事件でスマホにGPSを入れていたので、ココの居場所がわかりました。

明智は事務所に戻ると、桃子とバイクで出かけます。

一人で留守番をすることになった苺の電話が鳴りました。

 

「急なのに助かったわ」とおばあさんに変装したマリアが言います。

声かけてもらえて嬉しいと、苺は言います。

「今日はとっておきのワインがあるの、お料理と一緒に出してくださる?」とマリアは伝えました。

料理を運んでいく苺の後ろ姿を、マリアはじっと見ていました。

苺はビルの中にセットされたテーブルを見つけます。

6人分頼まれていたのにイスは2つだけ…

置いてあったワインが『バラ色の人生』と言う意味だとわかり、苺は写真を撮って桃子に送りました。

 

「なかなかいい景色でしょ」と言われふりむくと、そこには苺たちがいて驚きます。

「みんな私の家族」と言い、マリアが変装を外します。

マリアが席につき、みどりに案内され苺も仕方なく座りました。

携帯を預かられます。

マリアは「2人だけになりたい」と言い、伊藤たちが外に出て行きます。

 

「楽しいお酒には楽しい余興が必要でしょ」と、マリアはタブレットを見せます。

そこには部屋の中にいる田畑と、ココが映し出されます。

「7日間お待たせしました、今日がずっと待ち遠しかった」とココは言います。

そしてココはあの時のナポリタンを作り、田畑が食べようとします。

その時血を吐く田畑。

「その顔が見たくてお料理頑張ったんです」とココは言います。

もう一度血を吐き、田畑は最期を迎えました。

 

苺はひどいと怒ると、「見て、あの人もいたわ」とマリアが言います。

ちょうど明智と桃子が到着してところでした。

ココは「見てください、傲慢なモンスターを自分の手で退治しました」と言います。

明智がマリアの居場所を聞くと、「ここにはいません、今頃苺ちゃんとランチしてるんじゃないかしら」と言われます。

桃子は苺からのラインを見せます。

『マダムのケータリング』と書かれていて、あの時のおばあさんだと明智は気づきました。

 

明智は苺に電話をかけますが通じません。

苺から送られた写真が撮られた場所を調べ、明智たちは急いでその場所に向かいます。

「せっかく忠告したのに彼から離れようとしないのね、バカなの」とマリアは言います。

なぜ明智なのか、苺は聞きます。

「これは運命なの」とマリアは答えました。

 

社会人になって間もない頃、夢も希望もない家と職場を往復するだけの毎日。

たまたま覗いた大学の学園祭で、フィレ肉のステーキを焼く明智を見つけました。

マリアがステーキを買おうとすると、明智はマリアの好みに合わせて新たに焼いてくれます。

「夢のようなひと時だった、私の最後の晩餐はこれにしたいくらい美味しかった」と話すマリア。

夢と現実は別で、現実はつまらない女でつまらない男と結婚しました。

でも運命の赤い糸は、それから十数年たって2人を手繰り寄せたのです。

 

そして浮気調査を依頼して、”本当の幸せ”を教えてくれたと言うマリア。

こんなにワクワクする楽しいことをみんな知らないと、マリアは笑います。

「今日はお話できて楽しかったわ」とマリアが言うと、バイクの音が聞こえてきました。

明智たちは苺の車を見つけ、急いでビルの中へ行きます。

マリアに追い詰められ、苺は足を滑らせ床に開いた穴に落ちそうになってしまいます。

「ほら頑張っても、もうすぐ彼の前で死ねるわよ」とマリアは言います。

 

苺の悲鳴を聞き、明智がやって来ました。

ギリギリのところで、明智が手をつかんでくれます。

そして桃子もやって来て、苺は助かりました。

苺は明智に抱きつき泣き叫びます。

苺を桃子に預け、明智はマリアに「これ以上彼女を危険な目に合わせるのはやめてくれ」と言います。

マリアは「あなたと私はアダムとイブ、最後の晩餐は2人だけで大丈夫でしょ」と話しました。

あなたの運命の人は私だからと…

 

明智はマリアに歩み寄ります。

「ぴったり波長の合う人と出会った時、その相手ととんでもない世界に行く気がして」と寿々栄の言葉を思い出す苺。

苺は「やめて明智さん、行かないで」と必死に引き留めます。

そして明智に好きだと気持ちを伝えました。

「私はただ明智さんのことが好きなんです、だから行かないで」と叫ぶ苺。

明智は「ありがとう小林苺」と言いました。

 

マリアは手を差し出します。

そのまま穴へ身を投げるマリア。

明智はマリアへ手を伸ばして…

そして明智とマリアは抱き合うように、穴の中へ落ちて行きました。

苺の「明智さん」と叫ぶ声が、悲しく響いたのでした。

「美食探偵 明智五郎」9話のネタバレあらすじ

美食探偵 明智五郎【9話ネタバレ】

穴の中に消えていった明智たちは、どんなに探しても見つかりませんでした。

苺と桃子が捜索願を出そうか話していると、事務所に明智が戻ってきます。

何があったか聞いても、いつも以上の近づくなオーラで何も話してくれません。

 

それから半年が経ち、明智は探偵として依頼をこなしていました。

マリアに繋がる事件も起きていません。

苺が事務所で新聞を見ていると、寿々栄が明智を和菓子の選定会に誘いに来ました。

明智に和服を着せ、「明日はこれで来るのよ」と言い帰っていきます。

 

ちょうど高橋が事務所を訪ねてきますが、配達員が届けたエアメールを明智に渡します。

それはマリアからのポストカードでした。

「マリアが生きてた」と苺はつぶやきます。

『また近々お会いしましょう』と書かれていました。

 

マリアは日本に帰ってきました。

モニターから流れるニュースを見て、和菓子の選定会が行われることを知ります。

そしてマリアは伊藤たちの暮らす家に帰り、ファミリーと再会を喜びます。

茜は庭でトリカブトなど、いくつもの花を育てていました。

「早速だけど楽しいことを始めるわ」と言い出すマリア。

今度はどこから飛び降りるのか、マリアたちは楽しそうに話します。

伊藤は「あの時明智は死を覚悟していた、マリアさんのために」と言います。

ただ殺すのはつまらない、楽しいゲームを考えていたマリア。

 

そして明智は、和菓子の選定会に向かいます。

選定会が終わる16時まで、駐車場でまっているよう苺は言われました。

明智が会場に行くと、警護で駆り出された上遠野たちもきていました。

外務大臣と挨拶していると、総理が会場に到着します。

その頃和菓子を出すお店たちは、準備に追われていました。

そこに和菓子屋に扮したマリアファミリーの姿が…

 

どんなお茶菓子を出すのか、明智は見て回ります。

「お忙しいところお邪魔してしまったかな?」と、明智は苺たちに声をかけました。

サミットが開かれるのは8月なのに、なぜ5月後半の青梅の和菓子を出すのかと尋ねます。

みどりは「彩ですよ」と答えますが、明智はいろいろ気になる点がありました。

しかし和菓子に夢中になっている間に、苺たちは姿を消してしまいます。

 

明智が会場で席に着くと、マリアを見つけます。

急いで後を追いかけますが見失ってしまいました。

苺は駐車場で和菓子の車を見つけ、気になりクルックーで検索しますが情報が見つかりません。

伊藤に捕まり、「ゲームの邪魔をしないでくれ」と言われてしまいます。

駐車場にきた高橋たちは、リストにない和菓子屋の車に気づきました。

そして気になり会場に戻っていきます。

 

今日出される和菓子3つの中に、1つだけ毒入りのものが入っています。

明智の前にも、マリアたちの和菓子が出されます。

毒を入れるとすればどれか、どの毒が入っているのか推理します。

総理も外務大臣もツツジを選んでいました。

その時明智は何かに気づきました。

伊藤はゲームのルールを話しながら、同じ猛毒が入った注射器を苺の首に当てます。

 

ツツジだと思っていたものは、キキョウだと勘違いをしていることに気づきました。

「キキョウは食べるな、毒が混入されている可能性がある」と明智は叫びます。

その時総理や和菓子を食べた人たちが、苦しみだし倒れます。

 

苺は伊藤たちに拘束され、車に乗せられていました。

無差別殺人を犯しているのに、伊藤たちは盛り上がっています。

マリアはただ人を殺したいだけ、それが彼女の恐ろしさで美しさだと言う伊藤。

 

高橋は「マリアって誰ですか?」と、明智に聞きます。

誰か知ろうとしていると、明智はマリアに会ってみるかと言い出します。

ちょうど真後ろにいると言われ高橋が振り向くと、その間に明智は姿を消していました。

「明石が変です、何か知っています」と高橋は上遠野に報告します。

明智は苺のもとに行くと、すでにいなくなったあとでした。

そこに上遠野もやってきて、何を知っているのか言えと詰め寄ります。

「犯人を知ってるな?」と上遠野は聞いてきます。

腐れ縁の知人として、明智を見逃すことにした上遠野。

 

明智はマリアを見かけ呼び止め、「あのような方法では僕も死ぬかもしれなかった」と言います。

でも明智は死なない、明智家を憎んでいる明智は家紋でもあるキキョウは選ばない。

もし明智が死んだら、マリアもその場で死ぬつもりでした。

「私たちの運命を試したの」とマリアは言いました。

2人が話していると、銃を構えた高橋が「動かないでください」と叫びます。

明智はマリアの手を引き、その場から走り去りました。

 

「私が間違っていたのね、私があなたを求めていたんじゃない、あなたが私を求めていたの」と言うマリア。

そこに伊藤が現れ、マリアの靴を渡します。

「あんたのことは嫌いじゃない、こっちの世界に来るかい?」と伊藤は言いました。

近くに止められた車の中から、苺は叫んでいますがガムテープのせいで大きな声が出ません。

「あなたは今日殺されるとしたら最期に何を食べたい?」とマリアは苺に聞きました。

 

明智が事務所に戻ると、『最後の晩餐』が描かれたポストカードが挟まっていました。

それはマリアからの招待状でした。

桃子が苺と連絡が取れないと、上遠野のもとにやってきました。

明智とも連絡が取れず、何かが起きていると気づきます。

すると明智から桃子に電話がかかってきて、「僕の言う通りにしてくれ」と指示を出します。

 

苺はマリアが買ってきた白いドレスに着替えさせられます。

桃子の運転する車で、明智はマリアの元に向かっていました。

伊藤は最後の晩餐の料理を作っていると、みどりが来て「あの時はありがとう」と言います。

逃げる前に伊藤が粉砕機の電源を落としてくれていたから、今みどりは生きていました。

伊藤の中にはマリアしかいないと分かっていると、みどりは伊藤に抱きつきました。

その頃茜は、電話でおじいちゃんが心臓発作で亡くなっていたことを知ります。

 

明智は近くで車をおり、桃子にはこの後のことを頼みました。

「苺をお願いします、苺は親友なんです」と桃子は伝えました。

苺がはディナーの準備をする茜に、「なんでこんなところにいるの、青森におじいさんがいるじゃない」と言います。

茜は「もうここにいるしかなくなった」と答えました。

その時ノックの音が聞こえ、明智を出迎えます。

 

明智が席に着くと、マリアもやってきました。

「ようこそ私たちの最後の晩餐へ」とマリアは言います。

今日の選定会でのマリアのやり方に、明智は納得できないことを伝えます。

「嬉しい、あなたの心を私が支配している」とマリアは言いました。

ディナーの準備を始めるマリアファミリーに、明智は「みんなの居場所はここではない」と言います。

 

そして料理がテーブルに並びます。

「シェフとして悲しくないですか?」と、苺は伊藤に尋ねます。

同じ料理人として、今の伊藤は悲しいと言いました。

苺は「美味しいけど、おいしくないです」と感想を言います。

これが最後の晩餐なんて嫌だと…

苺はいつもどんな思いで料理をしているか、磯辺揚げの方が絶対に美味しい。

これが明智との最後の晩餐になるなら、もっと心のこもった美味しいものを食べたい。

 

するとマリアは「おだまり」と、首に毒の入った注射器を差します。

明智はマリアを突き飛ばし、苺を抱えて出ていこうとします。

しかしトリカブトの毒で、もう手遅れだと伊藤に言われ泣き崩れました。

「みんな見て、見なさい、これが絶望」とマリアは笑い出します。

 

あなたを惑わせていたものは消えたと言うマリア。

私たちは今絶望とともにある、最後の晩餐のメインディッシュの味はと聞きます。

「君と出会う前から、全てに絶望していたのかもしれない」と明智は言います。

自分らしく生きようとすると、必ず世の中が嘲笑い背を向けた。

でもある日、真正面から受け止めてくれる人と出会えた。

「ちくわの磯辺揚げだ」と言う明智。

明智は涙ながらに、イチゴへの思いを叫びます。

 

「そんな人を君は殺した」と、明智はマリアを睨みつけます。

マリアは腕を広げ、「私たちは絶望の名のもとに結ばれている」と言います。

ここにはまだ希望が残されていたと明智は言います。

その希望はと話そうとすると、小屋の外から「出てきなさい」と上遠野の声が聞こえてきました。

桃子の挙動が気になり、上遠野は尾行してここまでたどり着いたのです。

 

”希望”と言う言葉が、マリアは一番嫌いでした。

私たちにはマリアしかいないと茜たちは言います。

なかなか出てこないマリアたちに、上遠野は自分から行くと小屋に近づきます。

マリアは包丁を手に持ち小屋の外へ出ていき、上遠野を刺そうとします。

その時高橋が、マリアの足を撃ちます。

それでも止まらないマリアに、高橋はもう一度発砲しました。

マリアを庇って、伊藤が撃たれてしまいます。

 

「注射器をすり替えたのは君だね」と明智は言います。

トリカブトの毒なら死ぬ時、全身が痺れ吐き気をもよおす。

しかし苺にはその症状がなく、トリカブトではないことに気づきました。

それに気づいた時、明智はここにも希望はあったと感謝しました。

伊藤はまだデザートが仕上がってないと、痛みに堪えながら立ち上がりタバコを吸おうとします。

しかしタバコに火をつける前に、最期を迎えてしまいました。

 

車の走り去る音が聞こえ、赤い車が現場から走り去ります。

明智が追おうとすると桃子が現れ、急いであとを追いかけます。

崖の上に立つマリアに、「どうするつもりだ?」と明智は声をかけました。

あの日ここから飛び降りた時、死んでも構わないと思っていました。

でも神様は助けてくれたのです。

 

「もう一度神様が奇跡を起こしてくれたら、私を愛してくれる?」と言うマリア。

明智は何も答えません。

目を覚ました苺が、上遠野たちと崖に到着しました。

苺が明智に駆け寄ると、マリアの姿は消えていました。

 

明智は何も言わないが、マリアは崖から飛び降りたはずです。

「そうするしかなかったんだろう」と上遠野は言います。

遺体はまだ発見されてないが、あの足の怪我ならおそらく…

高梨が守ろうとして撃ったと、上遠野は証言すると励まします。

事務所に戻ってきた明智に「元気そうだな」と言い、上遠野たちは帰っていきました。

 

明智は苺だけに、探偵を辞めると打ち明けました。

フランス料理のお弁当は受けるかもしれないが、明智の値段設定に納得できない苺。

2人はどんなお弁当を出すか、言い合いになります。

あれ以来マリアのことは一言も口にしなくなりました。

そして苺からも、マリアのことは二度と口にしないと決めています。

 

マリアは明智と、マリアファミリーとの幸せな暮らしを想像していました。

みんなで食卓を囲み、明智が「悪くない」と言います。

そんなことを考えながら、海の中に沈んで行きました。

明智がお弁当を販売していると、明智がやってきます。

近くを通った女性がマリアにみえ、「まさかね」と苺はつぶやきました。

ネットに書き込まれた殺意に、ココがマリアとして「だったら殺しましょう」と返事を送ったのでした。

「美食探偵 明智五郎」はHuluで見よう!

以上、美食探偵 明智五郎の動画配信状況とネタバレ・感想でした。

東村アキコさんの漫画はいくつもドラマ化されていますが、どれも面白いですよね!

明智五郎に振り回される苺にも、ぜひ注目してほしいポイントです。

 

「美食探偵 明智五郎」はHuluで配信されており実質無料でご視聴いただけるので、ぜひHuluに2週間の無料体験登録をしていただきご視聴いただければと思います!

本日から7月26日まで無料!
\「美食探偵 明智五郎」を見るならhuluがおすすめ!/

ドラマを見るのにおすすめな動画配信サービス

FODプレミアム

現在放送中・予定の以下のドラマが無料で視聴可能
※詳しくは以下のタイトルをクリック!

  • 1ヶ月無料体験キャンペーン中
  • フジテレビのドラマ・バラエティが充実
  • 雑誌の最新号が読み放題
  • 最大1300円分のポイントが毎月もらえる
  • 無料期間も1300ポイントもらえる
  • 電子書籍購入は20%ポイント還元

Paravi

現在放送中・予定の以下のドラマが無料で視聴可能
※詳しくは以下のタイトルをクリック!

  • 2週間無料体験キャンペーン中
  • TBS、テレ東の番組が充実
  • 毎月500円分のParaviチケットがもらえる
  • Paraviオリジナル番組が面白い

Hulu

現在放送中・予定の以下のドラマが無料で視聴可能
※詳しくは以下のタイトルをクリック!

  • 14日間無料体験キャンペーン中
  • 日本テレビの番組が充実
  • 海外ドラマが充実

U-NEXT

現在放送中・予定の以下のドラマが無料で視聴可能
※詳しくは以下のタイトルをクリック!

  • 31日間無料体験キャンペーン中
  • 他社を圧倒する見放題作品数
  • 無料体験に登録すると600ポイントもらえる
  • 雑誌70冊以上が読み放題
  • 映画館もお得になる

自宅やスマホで映画を見る際にあなたは何で見ていますか?

もし違法動画サイトを使っているのであれば今すぐにこちらの記事を見てください!

 

今は動画配信アプリが非常に進化してきていて月に数百円で何万本もの映画を見ることができる時代です。

違法動画サイトで

  1. なかなか目的の動画が見つからない
  2. 見つかったと思ったら低画質
  3. 途中に入る広告がうざい

などといったストレスを抱えながら動画を見るのはもう終わりにしましょう。

 

当サイトでは目的別でどのアプリを使えばあなたの欲求を満たせるか徹底的に解説しています。

  • 【映画(洋画・邦画)】を沢山見たい人におすすめの動画配信アプリ
  • 【韓流系】を見たい人におすすめの動画配信アプリ
  • 【漫画・アニメ】を楽しみたい人におすすめの動画配信アプリ
  • 【ディズニー映画】を楽しみたい人におすすめの動画配信アプリ
  • 【ジブリ映画】を楽しみたい人におすすめの動画配信アプリ
  • 【ドラマ】を沢山見たい人におすすめの動画配信アプリ
  • 【月額費用】を抑えたい人におすすめの動画配信アプリ

きっとあなたに合ったアプリが見つかるはずです!

 

▼目的別で選ぶ動画配信アプリまとめ▼

最新情報をチェックしよう!
>自宅で映画を無料で見ませんか?

自宅で映画を無料で見ませんか?

2019年「サブスク」という言葉が流行語ノミネートされましたが、動画業界でもこの波があります。 何十万本もの動画をサブスクで視聴する時代です! でも、できれば無料でみたいですよね。 そんなあなたの為に無料で映画が視聴できるアプリ11選をまとめました。

CTR IMG